2016年10月29日

日本の美

 表紙は第3回 住友不動産販売 ステップフォトコンテストのグランプリ作品「INISHIE」です。

少し前のこと。

Free MagazineJapanese Sense of Beautyが発行されました。

国立国会図書館の書誌情報

私も撮影協力にて挿絵のような写真作品(表紙含む)を提供させて頂いております。

フリーペーパーの詳しい概要は以下をご参照ください。

近代建築の有効活用を目指すNPO・銀聲舎(本部:和歌山県和歌山市)は、Winesap Translation LLCその他の団体の協力のもと、「和歌山市民のための和歌山観光ガイドブック fallin'land」の続編となるフリーペーパー「Japanese Sense of Beauty」を大阪府大阪市・滋賀県近江八幡市その他関西一円にて無料配布いたします。
裏表紙にはLGBTを示す6色の虹色マークが付されています。このマークを意識したのち再度中身を読むことで、またちがった読み方ができるように設計しております。

銀聲舎HPより引用



ガイドブックとして日本の美を感じさせるような紹介が全編にわたって英語で記されています。基本的に外国から日本(関西圏)に来られた方々に向けた観光本です。

読んでみると、日本人にも『なるほど〜』と思わせてくれるものであり、読み応えと美しさのある記述に感動できると思います(^ ^)

※英語が読めなくても大丈夫。日本語カードも付属しております。

そして概要にあるようにLGBTという普段は聞き馴れない言葉もあり、現代の社会を通じていろいろと考えさせられることもあります。仕事柄、多くの芸術家さんとお会いしてきましたが、どちらかと言えば分け隔てのない芸術関係の人には多いような気がします。

私は女性をこよなく愛する普通の男の子ですが、芸術の分野に関わっていると、作品に人生観や性に関する複雑な感情を表現されているものを見かけることがよくあり、人それぞれに様々な考えや悩みなどが見受けられるような気がします。

こういったことが隠されるものでなく、ごく普通なこととしてとらえられることが、これからの時代なのかなと思います。

本のなかにも1ページだけ、その辺りを意識しながら読むとやっぱり「なるほど〜!」と驚けるような「恋のお話」もありますので手にした方は読んでみて下さい。


 ビワコビエンナーレで展示している私の作品。

ちなみに、滋賀県の近江八幡旧市街において11月6日まで開催中の国際芸術祭BIWAOKビエンナーレ2016でも『Japanese Sense of Beauty』を入手することが可能です。見つからない場合は「まちや倶楽部(総合案内所)」のスタッフにお尋ねください。

私の作品も※旧中村邸に展示しておりますので、機会がございましたらぜひ訪れてみてくださいませ。
※豊臣秀吉の家臣、中村(灰屋)久兵衛の屋敷跡。今なお道に面している扉には"中"の紋が見受けられます。

開催期間はあと一週間です!!

2016年11月6日(日)までとなります。
※木曜日はお休み。














おまけ


秋は仕事が忙しくてお休みなしで4週目に入りました。
忙しいということは本当にありがたいことです。

しかしながら。

さすがにちょっと疲れております(^ ^;)熱も上がったり下がったり。



そんなある日。

小さな子猫♀が迷い込んで来まして。

これから寒くなるし、外で寂しそうにして鳴いている姿を見て放っておくわけにもいかず、当然のように保護をいたしました。


病院で検査したり、いろいろと大忙しでしたが、最初は衰弱気味だったものの今は元気になっております。

他にも家猫が2匹おりますので仲良くしてくれるのかが心配ですが、めでたく3匹目の飼い猫となりました。

ということで。

猫にほっこりとさせて頂いおります(・ω・*)♪カワイイ

2 件のコメント:

ケイ さんのコメント...

こんにちは、一気に寒くなりましたね。体調を崩されているご様子、どうかご自愛下さい。お写真とても素敵で、普段気付かなかった和歌山の風景の美しさにハッとさせられますね。二枚目のお写真もとても綺麗な空色ですね。ぜひ読みたいですが、東京なので無理なんですね、、残念。。
こちらに出て来てから、和歌山がとても好きになり、ここで生まれ育ったことを誇りに思うようになりました。
LGBTの方々について、昔よりは偏見はなくなってきたように思いますね。こういったことに限らず、人はそれぞれ違いがあって当然なので、もっと多様性が認められる社会になれば良いなと思います。
猫ちゃん本当に可愛いですね!キジトラみたいですね。私も2年前、ちょうど今頃の寒い時期、心無い人にエアガンで撃たれて口から血を流していた瀕死の子猫を保護しました。この写真の子にそっくりです、、。虫の息だったのですが、一晩毛布で保温し、朝一で病院へ連れて行って入院し、奇跡的に助かり、今では元気に走り回っています。
この子も幸せになりますように。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

ケイ 様

こんばんは。
さすがに寒くなってきましたね。
和歌山でも最低気温が一桁目前まで迫ってきました。今日も熱と頭痛での一日です。

観光本のお写真に急遽採用していただきまして本当にありがたいと思っています。実のところ、一番凄いのは文章なのですが、写真も上手に扱っていただけてかなり完成度の高い本に仕上がっていると思います。

救護した猫はキジトラというのですね。種類がよく分かりませんのでしたので助かりました。
ありがとうございます(^ ^)
ケイさまも子猫を保護されていたのですね。今はそのお猫様も幸せなご様子で何よりです。
しかし、完璧ではない人間という存在ゆえに良くも悪くもあるのは仕方のないことなのかもれませんが、生きものをいじめたり、傷つけたりするのは絶対にやめてほしいですね…