2016年12月29日

心の眼

 秋は一瞬で通り過ぎてしまいましたね...

今年も残すところあと少し。

年内のお仕事はだいたいが完了いたしまして、あとは事務作業や来年度の撮影予約の対応が中心となってきました。


プライベートでも全然ゆっくりとできませんでしたが、お年柄そういうものですね。
もはや潔く諦めモードです。


ブログも書きかけのまま、お蔵入りしている記事が多くなってきましたが、もはや今更感もありますのでそれらは放置いたします(笑)


そもそも、これらの写真は何でしょうと思われるかもしれませんが、ちょっとした旅先での一コマです。


時間の関係上、細かなことは省略させていただきますが適当にお楽しみくださいませ。


現場の路地はどこも楽しいもので。


黄昏時はとくに


美しいものでした。




さて。





人はカメラを通じて心の眼を対象へと向けるとき


いったいどんな気持になるのか


本当は何を見ているのか。


あるいは見ようとしているのか。


それを知ろうとするならば


自分自身を知る必要と


それを感じ取ってくれる人たちの有り難さを知る必要があります。


本当の自分を知るには挫折という経験がないと


ちょっと難しいかもしれませんけれど、核心を掴むためには必要なものの1つです。


例えば耽美的な美しさも、ある一線を越えれば究極の美になります。


私の作品「INISHIE」もその典型的な例です。くわしくは こちら と こちら

全てが一瞬の撮影であり、その刹那に全て完結します。

実のところ、技術的には普段の仕事(例えば赤ちゃんの撮影等)も同じだったりしますが。


あるいは作品「AGUNI」。これは絵画的ですが元は写真です。

瞬間的な美よりも思想的な一面がやや強く、写真なのに時間もかかります。

でも、これで伝わるのは耽美でしょう。


けして、何がどう優れているとか、そんなことはどうでもよいのですが、これらの作品があるのは事実としまして、その一方で地道な作品は1つ1つの力に欠けるのも事実です。


つきつめれば芸術品とそこまでは達しないものとの分岐点と言えるのかもしれませんね。


そのもう一方というのは、人の心に近い普通の写真だからだと思うのですが、それは耽美にはとらわれない、ある意味でそれ以上の価値のある写真だと受け止めています。



全ての理由を無視しても良い衝動的で究極的な美と。


華がなくとも人の存在が感じられる純粋で美しい写真。


その両方を心で知ることで芸術を見極める眼が養われると思います。

まぁ、難しいようでいて人の心さえ持っていれば、実は誰にでもあるものです。





ちなみに


私の世に対する根本的な考え方として。


白を知るには黒を、黒を知るには白を、そして灰色を知るにはその両方が必要だという考えを持っています。

両端を知ることで真ん中に挟まれたものの混沌を感じとれるものだという気がしまして。

それは人に優しく、あるいは厳しく接する先生業としてはとても役に立つことなので、嬉しくもあり悲しくもあったような、いろんな経験ができて良かったと思っています。


ということで。

本年もたくさんの人にお世話になりましたことを心より感謝申し上げたいと思います。

来年も変わらずマイペースですが、どうぞ宜しくということで(^ ^)

はや、年末です。。。










おまけ

野良の子猫も大きくなりまして(左)。

やんちゃではありますが、呼べばきちんと返事をしてくれます。
そして、この二匹はいつも一緒。


でも。



ボスであられます黒猫とだけはそれほど仲がよろしくありません。

何故かこちらが気を使っております。。。


2016年12月16日

年末のメンテナンス


今年も早いもので年末となりました。

仕事や用事も来週中には一段落つきそうです。

ということで、レディ(メガリ250r)も半年で450km程しか乗っていない状況だけど、少し前に隙をみては点検作業などを楽しんでおりました。

まぁ...眺めているだけでも楽しめるのがバイクのいいところですね(笑)

それでは、まずはタイヤの交換から。

スリップサインまではもう少し大丈夫そうですが、前後ともにゴムは古くなっております。交換前も絶対的なグリップこそ落ちてはいるものの、公道における走行程度では何の問題もありませんでした。

ただ、ダウンヒラーということもあり、フロントタイヤの両サイドは段減りが大きく、ハンドリングがシビアになっていたので気持的にすっきりしたいなぁ...ということでd(・ω・ )


ホイールをフォークから外す前(フロントスタンド)にアクスルナットを緩めておきます。メガリのフロントアクスルナットは26mmのソケットです。

さらにアッパーカウルを外すことで、フロントスタンドはカウルに干渉することなく持ち上げることができました。

ちなみに、選んだタイヤの銘柄は今回もIRCのハイグリップタイヤRX-01 SPEC-R

もはや近所の町乗が主体ということもあり、今回こそはRX-02と迷ったけれど、RX-01 SPEC-Rはスライドコントロールがしやすいことが決め手。ちょっとした峠道も安心です。

RX-01 SPEC-Rのグリップ力そのものはソコソコですが(例えばサーキットでタイムを削る場合は別の銘柄が良いと思われます)とにかく滑っているときのコントロール性が優れています。
このタイヤはフルバンクからスロットルを開けると、例え夏の路面でも少し早いタイミングでタイヤは滑り出します。しかし、完全にコントロールを失うようなことはなく、グリップの限界を越えても一気に破綻して転倒するようなことはありませんでした(未だ無転倒です)。

極端に言えば、スライドしても緩やかにグリップが戻ってきます。

グリップ→限界を越える→スルスルと滑る→粘りながらグリップ力が回復。

といった具合です。

確かにグリップ力を優先し、フルバンク中でも全開加速して車体を前に押し出したいという思考の方には不向きなタイヤだとは思いますが、私は絶対的なグリップよりも、スライドしたときに容易にコントロールできる性能を優先しております(※それでも普通のタイヤよりは十二分なグリップ力はありますから問題はないですよ。町乗りからツーリング、スポーツ走行、サーキットランも大丈夫です)。

ちなみに新車の標準装着タイヤであるRX-01も特性的には似た傾向だったと思います。

SPEC-Rよりもグリップ力は明らかに低いこともあって、かなり早い段階で滑りますし、少し粘りに欠けるスライドコントロールでしたが、ハイグリップに頼りきらない走りの勉強になったタイヤでした。雨天だけは残念な性能でしたが。。。過去の記事はこちら

そして、年間の走行距離が少なく、摩耗よりもゴムの劣化を早く迎える場合もハイグリップタイヤの方がお得ですね。

結局はこうなります(笑)


外したホイール。ディスクローターの減りはまだ大丈夫。


シールをチェックするとヒビ割れが...f(^ ^;)


今回はフロントホイールのベアリングも交換いたしますので、古いベアリングをゴムハンマーで打ち抜きました。

リアホイールベアリングの交換記事はこちら


写真は古いベアリングとシール。

新しいベアリングは日本製の『NTNの6004LLU』を2個使用しました。

当然ながらシールも新品と交換。私は在庫していた純正品のシールを使用しましたが、日本製でも大丈夫だと思います。

例を上げると武蔵オイルシール工業の『品番 UE25457』内径25mm外径45mm 幅7mmです。こちらも左右で2個使用。


ベアリングを丁寧に打ち込み(カラーを入れ忘れないように)防水を兼ねてグリス(普通のリチウムグリスまたはオメガグリスがあればそちらで)をたっぷりと塗り込みます。実際にはベアリングの表面とシールのリップにはたくさん盛っております(笑)

あとは、タイヤを持込で交換してくれるショップで前後のタイヤを交換してから車体に組み付けて完了です。


続いて、前回の交換から8,000km程は走行しているであろうスパークプラグの交換。

車体の右カウルを外せばアクセスできます。プラグレンチは車載工具のものを使用しました。新しいプラグを取付けた際は、プラグキャップを奥までしっかりと差し込むようにします。差し込みは少し硬かったので。。。


初回はNGKイリジウムプラグ 『CR8EIX 4814』そして二回目はデンソーのイリジウムプラグ『IU22』。

今回は標準のNGK『CR8E』を使用してみました。

イリジウムプラグは僅かばかり始動性やピックアップに優れていると思いますが性能差としては無視しても差し支えないレベルです。

標準プラグは安価な分、5,000km毎に交換しようと思います。

他のメンテナンスとして、電圧的には全然問題はなかったのだけど念のためにバッテリーも交換しました。さらにリア側のブレーキオイルも入れ替えです。

こういったことも車検がないと、なにかと忘れがちかもしれません。

 冬が来る。

もし、忘れがちなら年末はマシンの再点検をしてはいかがでしょうか(^ ^)

交換後に走ってみるとかなりビックリしますよ。

ハンドリングは驚くほどニュートラルになり、新車のような気分で路面を舐めるように曲がれます。

ベアリング交換の効果も凄まじく、抵抗感は激減しました(笑)

ちょっと走りが物足りなく感じたらタイヤ、ホイールベアリング、チェーン(掃除でも可)等々、足回りの点検をおすすめいたします。










おまけ

 朝メガリ。軽い。そして美しい(^ ^)

来年には発売されそうなCBR250RRやGSX250Rなど、250ccクラスのラインナップも充実してきましたね。とくにCBR250RRは発売前からヒットの予感がするカッコイイバイクだと思いました。

250ccとしてはパワーも十分な38.7PS。期待できそうです。

強面だけは好みではないのですが、メガリに乗れなくなったら消去法的には購入候補になると考えています。オートバイは現状3台体制ですので、これ以上の管理は難しいものの、CBRの試乗会があれば是非に参加してみたいところです。



ヘルメットシールド&ピンロックも交換。
今回も視界が良好なクリアミラーシールド。

曇らないピンロックシートも寒くなってくると必須ですね。

2016年12月6日

光の矢


秋は忙しい日が続きまして、黙々とお仕事に励みました。

そうこうしているうちに気がつけば師走です(^ ^)

光陰矢の如しとは言いますが本当に時間の流れが早く感じてしまいますね。

歳のせいか、年々疲れてはおりますが元気にしております(笑)


ちなみに、上の写真は少し前に見た飛行機雲。


長く伸びた筋は「君の名は」の名場面に出てきそうな美しさでした。

息抜きに観ましたが、映像はとても綺麗でエンターテイメント的にも面白かったですよ。

疲れた心にも元気が漲ります。










おまけ


今日は一月ぶりくらいにソアラに乗りました。

普段は維持充電しておりますのでバッテリー上がりの心配はありませんが、たとえ調子は良くてもガソリンが古くなると不安ですので少し気になっております。

オートバイもメロディや3号機はたまに乗りますが、レザースーツで乗るレディは気合が必要ですので、ここ暫くは乗れずじまい。

12月に入ると高野山も走れなくなってくるのが悩ましいところです。機会をみて近くを走ってみようとは思いますが。。。あと、少し前に電熱ジャケットを導入しましたから、その辺りもちょっと試してみたいところです。


そして。

普段はゲームをいたしませんが、なんとなくPS4を購入してみました。

一応、ゲーム機はPS3やXBOX等々いろいろとあるのですが、クリアまでに時間のかかるソフトはいつも途中で投げ出すことになってしまいます。。。時間は限られていることもあり、できるだけ短い時間で楽しめるものが中心です。

ただ、PS4にせよ「遊びたい!!」と思えるようなソフトが全くもって見当たらないので何だか不毛な感じもあります。VRのフライトシミュレーター(航空機もの)があれば、ぜひ遊んでみたいところなのですが。。。まだないのね。

古いものだけど、個人的にはMDやセガサターンの頃が手に汗握る楽しさがあったような。


そんな気がします...(・ω・ )


今更ながらPS4の「レイノス」をやってみたり。。。するかもしれません(笑)


2016年10月29日

日本の美

 表紙は第3回 住友不動産販売 ステップフォトコンテストのグランプリ作品「INISHIE」です。

少し前のこと。

Free MagazineJapanese Sense of Beautyが発行されました。

国立国会図書館の書誌情報

私も撮影協力にて挿絵のような写真作品(表紙含む)を提供させて頂いております。

フリーペーパーの詳しい概要は以下をご参照ください。

近代建築の有効活用を目指すNPO・銀聲舎(本部:和歌山県和歌山市)は、Winesap Translation LLCその他の団体の協力のもと、「和歌山市民のための和歌山観光ガイドブック fallin'land」の続編となるフリーペーパー「Japanese Sense of Beauty」を大阪府大阪市・滋賀県近江八幡市その他関西一円にて無料配布いたします。
裏表紙にはLGBTを示す6色の虹色マークが付されています。このマークを意識したのち再度中身を読むことで、またちがった読み方ができるように設計しております。

銀聲舎HPより引用



ガイドブックとして日本の美を感じさせるような紹介が全編にわたって英語で記されています。基本的に外国から日本(関西圏)に来られた方々に向けた観光本です。

読んでみると、日本人にも『なるほど〜』と思わせてくれるものであり、読み応えと美しさのある記述に感動できると思います(^ ^)

※英語が読めなくても大丈夫。日本語カードも付属しております。

そして概要にあるようにLGBTという普段は聞き馴れない言葉もあり、現代の社会を通じていろいろと考えさせられることもあります。仕事柄、多くの芸術家さんとお会いしてきましたが、どちらかと言えば分け隔てのない芸術関係の人には多いような気がします。

私は女性をこよなく愛する普通の男の子ですが、芸術の分野に関わっていると、作品に人生観や性に関する複雑な感情を表現されているものを見かけることがよくあり、人それぞれに様々な考えや悩みなどが見受けられるような気がします。

こういったことが隠されるものでなく、ごく普通なこととしてとらえられることが、これからの時代なのかなと思います。

本のなかにも1ページだけ、その辺りを意識しながら読むとやっぱり「なるほど〜!」と驚けるような「恋のお話」もありますので手にした方は読んでみて下さい。


 ビワコビエンナーレで展示している私の作品。

ちなみに、滋賀県の近江八幡旧市街において11月6日まで開催中の国際芸術祭BIWAOKビエンナーレ2016でも『Japanese Sense of Beauty』を入手することが可能です。見つからない場合は「まちや倶楽部(総合案内所)」のスタッフにお尋ねください。

私の作品も※旧中村邸に展示しておりますので、機会がございましたらぜひ訪れてみてくださいませ。
※豊臣秀吉の家臣、中村(灰屋)久兵衛の屋敷跡。今なお道に面している扉には"中"の紋が見受けられます。

開催期間はあと一週間です!!

2016年11月6日(日)までとなります。
※木曜日はお休み。














おまけ


秋は仕事が忙しくてお休みなしで4週目に入りました。
忙しいということは本当にありがたいことです。

しかしながら。

さすがにちょっと疲れております(^ ^;)熱も上がったり下がったり。



そんなある日。

小さな子猫♀が迷い込んで来まして。

これから寒くなるし、外で寂しそうにして鳴いている姿を見て放っておくわけにもいかず、当然のように保護をいたしました。


病院で検査したり、いろいろと大忙しでしたが、最初は衰弱気味だったものの今は元気になっております。

他にも家猫が2匹おりますので仲良くしてくれるのかが心配ですが、めでたく3匹目の飼い猫となりました。

ということで。

猫にほっこりとさせて頂いおります(・ω・*)♪カワイイ

2016年10月13日

ぷるぷる娘


かなり前のこと。

前々より、なんとなく気になっていたものがございまして。

車で走行していると、時よりカラフルな容姿の物体に目を奪われることがありました。

どちらかと言えば、安全運転のために、より集中力が高くなるオートバイで走行しているときに目に留まりまして「それ」が飛び出してきそうな気配を感じます。

また、車で走行しているときは、まるで「ヒッチハイク」のような感じがしないでもありませんでした。


走行しながらは危険ですので、徒歩で接近すると。


『ももぷる』


と書いてあります。

桃らしき風貌は怪しくも素敵な笑顔でした。





次に見つけたのはかきぷる』でした。

和歌山と言えば柿です(生産量は日本一)。

しかし。

これはなんなのだろうかf(・ω・;)?





さらに『じくぷる』という無花果のような何かも発見。

人畜無害感がたまりません。













これ以降、他のキャラクターを見つけるのに苦労しましたが。。。














まさしく田舎といえるような景色の片隅に「それ」はおりました。





 仕事の前に捜索。せっかくですのでメロディと記念撮影w

『さくぷる』八朔ですね。

容姿が健康的そのものです。





続いて『きうぷる』

紀の川市ではキウイフルーツも育てられているみたいですね。

ということを連想させてくれます。






そして最後に「いちごっぷる」を発見。



この近くはいちご狩りが盛んです。






さて(笑)







これらの可愛いキャラクターは何なのかと思いまして。


少し調べてみると和歌山県は紀の川市特産の果物をイメージしたフルーツキャラクターぷるぷる娘を『飛び出し坊や』に見立てて設置されたものとのことでした。

『飛び出し坊や』
児童が道路に飛び出して自動車などと接触する事故を防止する目的で、ドライバーへの注意喚起のために、通学路などに設置されている看板のことである(Wikipediaより引用)。


市民らが主体の『フルーツ・ツーリズム研究会』さんが240枚(予備として保管されているものを含む)を寄贈されて、市内各所の交通安全に役立てられているそうです。

目立つところにこういった看板があるとドライバーやライダーに対して注意が促されますから、交通事故を抑制や地域の安全にも有り難いことだと思います。

そういえば。

しばらく前に地元のオー◯バックスのある大きな交差点でパトカーがスピンをしたのには驚きました。

私と一緒にいた同乗者も目を丸くしておりましたが、横断歩道に人がいたらと思うとぞっとしました。場合によっては信号待ちで停止している私の車と衝突してしまう可能性もあります。

眼鏡をかけた若い警察官でしたが、雨上がりの濡れた路面の交差点で急発進はいかがなものかと思いました。交差点付近のドライバーは皆さん冷たい目線だったと思いますが、当人さんは笑いながら走って行ってしまったので二度ビックリ。

事故に遭遇しないためには自分で守ることが重要ですが、残念ながら避けられないこともあります。そういう意味では導入済みの四輪だけでなく、オートバイにもドライブレコーダーが必要な時代なのかもしれませんね。。。


地域には他にもこういったものがございまして、子供の多い住宅街や田舎道に設置されています。

ちなみに。

ぷるぷる娘は6種あるのですが、うち半分は自分で見つけられたのですが、朝や夜に怪しく徘徊するのは責任ある社会人としてはかなり気が引けます。市内とは言えど、けっこう広いので全部見つけるのは大変でして。

どうしようか悩んでいたところ...σ(´・ ω ・`)

たまたま遊びに来てくれた大学の先輩がこのキャラクターを知っておられまして、ご好意で内部資料的なものを入手してくれました。先輩は多方面にお顔の広く裏表のない誠実な方でして、本当に感謝を致しております。


ということで、何とかコンプリートでございます。


 気になっていたモヤモヤがすっきりしました。

気が晴れたところで桃のジェラート(紀の川市の桃山ではその名の通り桃が有名です)もいただきました。


季節限定だとは思いますが美味しいですよ。
夏に和歌山へ訪れた際にはぜひ♪



そして、今回のお話とは全く関係ありませんが(笑)



滋賀県の近江八幡にて『国際芸術祭BIWAOKビエンナーレ2016が開催中です(※どうもサーバーが重いせいかページが開くまでタイムラグがございます)

私も作品を展示しておりますので、機会がございましたらぜひ訪れてみてくださいませ。

開催期間は11月6日(日)まで。木曜日はお休みとなります。

 作品画像はモザイクをかけております(笑)