2015年10月27日

メガリとブリーザーホース


かなりしばらく前のこと。

当時はお天気が雨ばかりでして。

これではせっかくの休日もバイクに乗れません(' ω ';)仕事の疲れが癒えませぬ...

ということで、せめてレディ(メガリ250r)の点検です(笑)

今回はブリーザーホース(クランク室から排出されるブローバイガスをエアクリーナーのパイプに再帰させる通り道のようなもの)を交換してみました。

※以下に記していることは、あくまでも私の独り言ですので、できましたら純正パーツをお使いになって販売店にて取り付けてください。作業内容は後日に改変することもあります。

 ※作業のためクリップは外しております

パーツリストと照合してみると、どうやらフィルターの向きが前後逆に取り付けられているようでした...(´・ω・`)パーツリストが正しいのか、この付け方がただしいのか...わかりません。

後ほど、一応パーツリストと同じ向きに戻します。


実は、ずいぶん前から気になっていたブリーザーホースの亀裂は所々にありまして。。。

よく見ると、ホースとフィルターを連結する部分からエンジン側面に向かって、うっすらと霧状のオイル汚れがございました。亀裂部分から漏れだした可能性があります。

細かいことかもしれませんが、ブローバイガスの大気放出は法律で禁止ですので要点検ですね。


もう一本のホースにも亀裂...(・ω・)

ホースそのものが硬化しておりました。

まぁ、こんなものでしょう。。。(笑)


フィルターも隙間から霧状のオイルが漏れているかもしれません(気がしましたw)ので、内部をパーツクリーとエアーで掃除したあとにスーパーXで補修しております。

こちらのフィルターは汎用品でもOKかもしれませんね。

 作業や洗浄には耐油のゴム手袋が必須。手が汚れないし怪我も少なくすみます。

ホースに差し込む径の大きさは12mmでした。

ということでホース内径も12mmが適合かと思われます(たぶん)。


ちなみに、クランクケース側の径は13ミリです。。。


純正パーツが入手できないかもしれないし、できるとしても劣化速度を考慮しまして新しいブリーザーホースはSP武川の(内径12mm  外径17mm)をチョイス。

黒系で使いやすいのが決め手でしたが、実物は白い糸(メッシュ)が少し目立ちます。。。

ブリーザーホースの取り回しは、当初このようなイメージでした(左右共にSP武川のホース)。


しかし、ブリーザーのフィルターからエアクリーナーのパイプに繋がるホースは、純正のクリップだとサイズが小さくて合いませんでしたので(武川のホース外径は17mm)念のために予備で購入しておいたホームセンターの内径9mmのホース(外径15mm)たぶん工業用...に急遽変更。

材質的には見た目も触感も同じような感じでしたので大丈夫なのではないかと思われます。安価ですので交換サイクルを少し早めれば問題ないと思います。

ホームセンターで入手すれば1mあたり300円程度の費用で耐圧や耐油に優れた工業用のホースなど、様々な製品から選ぶことができると思います。すぐに調達できるのが強みですね。

ちなみに、ホースの外径に合ったクリップやホーズバンドを調達すればSP武川製のものでも問題なく使えると思われますd(・ω・)気が向いたら交換しようかな...


内径9mmのホースでも無理やりねじ込むと入りましたので、今回はこれでいきます。

ちょっと窮屈ですが、純正クリップも少し曲げればそのまま使用可能でした。


インシュレーター側の取り付け個所は狭いので面倒ですが、外れないようにホースを奥まで差し込み、しっかりと確実な位置でクリップで留めます(目視するには車体の右側から覗くと見ることができます)。

グニグニと動かして点検してみた感じでは抜けそうにありませんでした。

最後はクリップの穴とフレームを結束バンドで固定します。



おさらいすると。

フィルターより左側のホース内径は12mmでないとクランク側には差し込めません。そして純正のクリップは外径17mmのホースでも留められます。

フィルターより右側のホース内径は12mmでもOKですが、外径が17mm〜のホースだとクリップは大き目のサイズが別途必要です。※ホームセンター等に販売されている内径9mm(外径15mm)ホースであれば純正クリップも一応そのまま使用可能です。

結論としては、内径12mmのホースとそれに適したクリップまたはホーズバンドがあれば過可能だと思いました。全てホームセンターで揃えれば予算も1,000円くらいだと思われます。

注意点は、車体側へホースを接続する際に(とくにエアクリーナー側)作業スペースが狭いので脱着に少し苦労するかもしれません。できれば数種類の長さのプライヤーやペンチ類があると便利かと思われます。

ブリーザーホースの柄や色が目立つのは嫌(一応、私もそのタイプです)という場合は、コルゲートチューブやハーネステープで隠すのもアリですね。


ちなみに。

あとで気がついたのですが、キジマのブリーザーホース「品番106-051」内径9.5mm/外径13mmという製品は多少伸びるようなので、実はこれ一本でもいけそうな気がしました。耐油かつ高温にも強そうです。




ついでに、エアクリーナーフィルターも点検。

前回は販売店にて掃除して頂いておりますが、5,000㎞ほど走行するとそれなりに汚れておりました。


灯油は処分に困るので、台所用洗剤とお湯にて揉み洗い。

内側から覗いたら光が透けるくらいに綺麗になりました(◯ω◯)わお...


エアクリーナーフィルターは清掃後に完全乾燥させてから、余り物の2スト用オイルを適量含ませて軽く拭き取り、エアクリーナーボックスに戻しました。

本当はフィルターオイルの方が良いのかもしれませんが。。。私は一度も使ったことがありません(^ ^;)

ちなみに、エアクリーナーボックスはシートの真下にあります。シートとタンクを外せばエアクリーナーの蓋へアクセスできます(トラス頭のネジ6本とフィルターを固定しているネジ1本)。

タンクを脱着する際は、重いのでガソリンを少なめにすることをおすすめします。私はいつも満タンですのでしんどいです。。。(笑)















おまけ


搭載中のバッテリーもまだ使えましたが(満充電で12.9V)、前回から1年を過ぎたので念のために新しいものに交換してみました(ほとんど乗れておりませんのでw)今回はメロディにも使用しているジェルバッテリーです。


新しいバッテリーへ換装すると。

以前は車両搭載状態で12.4V〜12.6Vくらいでしたが、交換後には13Vを超えました。

これでまた1年は安心できそうですねf('ω'*)

ついでに空気圧を点検してみるとかなり抜けておりました。どうりで乗り心地が良かった訳です。



試しに空気圧調整してから150キロ程走行すると。。。






燃費が過去最高の45km/Lを記録。
(オイル交換(少し前)、タイヤ空気圧調整、ツーリング前夜にチェーンにゾイルスプレーを施しました)



ちなみに。




レディはまだともかくメロディ(NS-1)のタイヤ空気圧は指定値の1/3という危険な状態でした。さすがに空気を適正値まで入れるとよく転がりますf(^ω^;)

寒い季節に入りはじめたのでタイヤの空気圧は要チェックだと思います。当たり前過ぎて忘れそうなことほど注意が必要だと反省しました。




そして、今月末には『第44回東京モーターショー2015』が開催されますね。

 ようやくホンダさんが本気を出すのでしょうか...

個人的な目玉は、ホンダのコンセプトモデル『Light Weight Super Sports Concept』になりそうです。おそらくはCBR250RというかCBR250RR的なスポーツ車として市販化されるのかもしれませんね。

所見ではカワ◯キの『新型Ni◯ja250?』と見紛う強面のデザインに驚きましたが、これまでのホンダにはない攻めのデザインは、いろんな意味(これまでのデザインも可愛らしいので嫌いではないですw)で一歩引いたイメージを一新する可能性がありそうです。

現行販売されている日本メーカー製の250ccスポーツと比較してもホンダのコンセプトモデルは精悍であり、250ccではありながらも所有感まで満たしてくれそうなマシンになり得るのかもしれませんね。

あとはみんなが気になる市販型のデザインがどうなるのか。

YZF-R25が市販化されたときは「う〜ん...ちょっぴり残念...」といったライダーもいらっしゃったと思われますので、今回は期待したいところです。

そういえば、横側から見るとこちらもNinja250っぽい雰囲気の次期CBR400R(海外名CBR500R)も現行型より適度にアグレッシブなデザインになってきました。

デザインと言えばヤマハを思い浮かべてしまうのですが、もしかしたら今後はホンダも巻き返してくるのかもしれませんね。アフリカツインといい、CBRといい、急にどうしちゃったのでしょうか...f(・ω・;)逆襲のはじまり?

そして、ヤマハの試作車である「レゾネーター125」やカワサキの「Z125/Z125 PRO」等を見ていると、おもちゃ感覚で遊べる125ccクラスにも人気が移行することをメーカー側も予測しているのかもしれませんね。

これまでは「小排気量だから...」と大型バイクに対して態と遠慮していたデザインの制約がなくなったとすれば、400ccクラスも今後はスポットライトが当たったりして。なんて淡い期待をいたしております。

どこのメーカーでもいいので、世界一美しい400cc〜500ccクラスのオートバイを出してくれないかなぁ。。。














と、脱線しましたが。













今回はホンダのコンセプトモデルに対して斜め上の方向に超越してしまったモデルもありました。。。








!!!!!?










GSXシリーズの可能性を秘めたコンセプトオブジェ。。。













コンセプト。。。








オ!



ブ!



ジェ!?



 え . . . (・ω・;)なにそれ?






まさかのオブジェ展示。。。?




かもしれませんが、鈴菌保菌者(スズキが大好きですw)としてはこちらも期待したいところです。完成する暁にはきっと凄いオートバイとして誕生するものと思われます。


ともあれ、こういった夢のある話題はオートバイが好きな身としてはとても嬉しいと思いました。

(・ω・)今後も益々楽しみが増えそうです!!

















おまけのおまけ

奈良県に「奈良 2りんかん 」さんがオープンされた模様です。。。



タイミングをみて訪れてみたいと思います。。。












2015年10月18日

端境の花



しばらく前のこと。

お仕事にて、とある湖畔に咲く曼珠沙華の花を愛でる機会がございました。

予想よりも急激な天候の変化に困り果てながら目的地にたどり着くと、目前には次々と波状に吹き荒れる大きな風や、それに伴う白波が陸と湖の境界を乗り越えようとする風景が目に留まりました。

まるで台風が来る前の海のような景色に圧倒されながら、同じことをくり返す波をじっと見つめておりました。



水辺と逆の方角へ視線を向けてみると、そちらには次々に流される雲の隙間からうっすらと顔を覗かせる山々を拝むことができました。

堤防に咲く彼岸花も逸興ですね。



そして去り際に見つけた美しい花。

端境の天候ゆえに、ここで起こる「物語」を写真に記録したり、あるいは指導をするには少し厳しい状況ではありましたが、だからこそ貴重な一面を作品へと転換させる面白さがあると思います。



本当なら湖上の島へ向かう手筈でしたが、悪天候のため船は出港できず。

代案として、近くにあるお山へと向かいました。



寺に到着すると、境内は幻想的な霧と静寂に包まれた魅惑の世界。


ほとんど雲の中にいるのと同じですので視界は10メートル程度。

人と少し距離がはなれると輪郭線を描いたシルエットになってしまいます。

近くにいる人の顔がはっきりと見えないというのは不思議ですね。


霧に浮かび上がる光景はつかみどころがなく、ファインダーで覗く頃には物体は光の中へと吸い込まれて行きます。

確実に捉えるためには、少し先の未来に起こりそうな出来事を予測しておくことが重要ですね。


さて。

今は端境の花も見えなくなりましたが、代わりに街の木々に目をやると一部は赤く染まり始めています。

いつもの景色も少し意識しながら歩いてみれば「秋」を感じ取ることができるかもしれませんね。