2014年6月30日

第7回関西メガリツーリング(後編)!!



前回のつづき。

集合場所に集まった関西メガリに、また新しいメンバーが加わりました。


写真の右端にいらっしゃるのが新しいメンバーの『カティス』さんです!!

メガリストの間ではご存知の方も多いと思われますが、白いメガリ(1枚目の写真)に乗られております。

落ち着いた雰囲気の方でメガリ仲間ともすぐお友達に(・ω・)b☆

ということで。

当日はお天気の関係もあって(雨雲が接近中)少し足早に出発しました!!

すると。

とたんに私のレディがスイッチを切ったようにエンジンがストールしました。。。


もう、ほとんど発生しなくなっていたので想定外...|ω-`*)


幸い、すぐに再始動できたので事なきを得ましたが、交差点で発進直後にストールするとやっぱり困ります。

ちなみに。

けんちゃんのメガリ250rもバンクアングルセンサーを解除した頃からエンジンストールが解消したと伺っております(最近の車両は対処されているかもしれませんが)。

私のレディも同じ対処法でほぼ解決いたしまして。

『ほぼ』と言いますのは、症状が完全に解消された訳ではなく、稀に遭遇するということです。初期の頃は一日あたり2〜3回のストールをすることもありましたので、それが年に数回ほどまで減少したことが、いかに快適であるかはメガリストにとっては身にしみる出来事です(笑)

ついでに申し上げますと。

通常のエンジン始動は、普通のオートバイと同じようにメインスイッチON→燃料ポンプ作動→セルスタートで簡単に掛かりますが、私のレディがスロールした場合は、一度メインスイッチをOFFにして、できれば10秒〜30秒程度の間隔をおいてから再始動しないとエンジンが掛かりにくくなります。

このとき、ギアがニュートラルに入っていないとよけいにかかりにくくなります。。。

交差点内などで停止した場合は緊急を要するので、無理やりセルスターターを回しきってエンジンを掛ける場面もありますが(当然クラッチは切ります)、こちらはセルスターターに負担がかかるのであまり推奨はできません。

聞けば、再始動性に関してはカティスさんのメガリ250rも私と同様でした。

しかしながら、車両によってはエンジンストールしても、メインスイッチをOFFに戻さずにONのままセルを回せば簡単に掛かる車両もあるので謎は深まるばかりです。

f(・ω・;)ドウシテ?

このようにあるあるメガリを正直に書いてはおりますが。

もう一つ面白いことがあります。

実はこのところ我々の車両は故障に関わるような話はめっきりと減りました。本来はあまり故障しないことが当然であるべきですが、普通に走っております。



レッ◯バ◯ンさん、そろそろいかがですか(笑)



と、つい無責任に囁いてみたくなります。。。

そんなこともあり、仲間内で盛り上がっているのは、もはや故障の話ではなく、カスタマイズやツーリング、そしてサーキット走行といった内容が中心となっております。。。


そして。

他には特別にトラブルもなく。

緩やかなカーブの田舎道を楽しんで走っていると無事に目的地へと到着しました。


道の駅 名田庄。

ここに来るのも久しぶりです。

お腹を空かした一行は、お目当ての美味しい『自然薯そば』を食しながらバイク談義をしました。

メガリ250rの情報交換やメンバー内では意外にも反応が少ないR25、他にはトラ◯アンフの新型250などの話も持ち上がりました。

関西メガリのメンバーには、過去に大排気量のスーパースポーツを乗り継いできた方もいらっしゃいますし、今現在もビッグバイクを所有しているオーナーさんがいらっしゃいます。

それでも中排気量には特別な魅力があるようです。

若いころは、大きければ大きいほどに「カッコイイ!!乗りたい!!」というような思考でしたが、今時は環境負荷を抑えた中排気量車でも、ある程度満足出来てしまいます。

例えば、走行距離が500㎞をこえるような長距離ツーリングの場合、低回転域のトルクでクルージングができ、車重があって、サスストロークにも余裕があるような乗り心地のよいオートバイが間違いなく楽です。いわゆるビッグバイクですね。

ただ、今回のように往復の走行距離が300㎞程度のツーリングでは、250ccクラスでもそこそこ快適です。操縦性や回頭性に優れたハンドリング、回しきれる適度な力のエンジンなど、オートバイの性能を出し切ってあげられるところに面白さを感じます。

スーパースポーツからクルーザーまで。

様々な車種を運転したことがありますが、メガリ250rはすごく楽しいオートバイだと思います。

特筆するのは、軽量ボディで思い通りに走らせることが可能なこと。

それによって生かされる、鋭くて滑らかなコーナリングと扱いやすい単気筒エンジンの組み合わせは、ライダーを走ることに集中させてくれます。

他にも意外に見逃せないポイントは、ガレージへの車両の出し入れや旅先での取り回しにストレスを感じないことです。スポーツ車なのに気軽に乗りたいと思わせてくれます。

250ccのオートバイは高速道路を走れるし、車検もなくて維持費が安いこともありますが(メガリの最高燃費はなんと43㎞/ℓ)、『操る』というオートバイ本来の楽しさを味わえるカテゴリーだと思います。


ということで。


今なお、盛り上がりを見せている250クラスに最後のダークホースとして(笑)


G◯X-R 250の発売を熱望したいと思います_(・ω・*)_


とにかく妥協のない。


美しくてカッコイイデザイン


スズ◯さん、お願いできませんでしょうか。



 めずらしく大盛りにしました...

しかしitouさん(写真右下)。




いつも面白いなぁ。




(*´・ω・)本当に。。。


記念撮影の直前にスペ◯サーを移動しております。

面白くて良き人です。。。

おいしいところを全部もっていかれている気がしますが(笑)


記念撮影は何枚か撮影するのでちょっとずつ変化(笑)


マンネリ化するポーズに変革を齎したいところですが。。。


きっとそのままでも。

関西メガリは十分にハピネスです(笑)

そして、けんちゃん。
いつもありがとうございますm(_ _)m



自然薯(じねんじょ)そばでお腹を満たした関西メガリ一行は、天候が崩れる前に南下をはじめました。

名田庄方面から国道162号線を京都市内方面へ向けてしばらく走ると、緑に囲まれたワインディングロードを楽しめます。

そしてタイトな連続ヘアピンを下ってしばらく走ると、いつものカフェ『カモノセキャビン』に到着しました。

 カモノセキャビンの窓から。暖炉ではまだ薪が燃やされてました。

この日は天候の関係で少なかったのですが、休日はたくさんのオートバイがこの窓越しを通り抜ける姿を見ることができます。

ちなみに、こちらの店主は気さくに話をしてくれるので、時に腹筋が鍛えられそうな笑い話や、少し真面目なお話など、話術はとても巧でした。

そういう店主の人柄もあってか、毎年訪れている様子のお客様も店内では多く見られます。

 手作り感のあるチーズケーキは美味☆

京都方面ではライダーの休憩場所としても有名なこちらのカフェは、お茶と会話を楽しんでいると、ついつい時間が過ぎてしまいます。。。


また来年も来れることを楽しみに。

そして、またまた京都市内方面を目指して走るのですが、162号線はところどころに新しいトンネルができたことで走りやすい道路となっておりました。

どこでもそうですが、新しい道ができるとカーブが少なくなり、より安全で快適なルートとなります。

その一方、ワインディングを好むライダーには少し寂しくもあり、ちょっと複雑なところです。。。

最後の休憩場所でもまたまたバイク談義を楽しみました(笑)


カスタムされた車体は、同じメガリ250rとは思えない個性を主張します。


機械であり道具でもあるオートバイですが。

 obiobiさんのメガリはサイドスタンドもカスタムされております(一部はワンオフ)。

何かひとつでも愛情をこめれば魂が宿ります。

 拡大できます。

メガリにのっていると、休憩や信号待ちで知らない人からよく声をかけられます。


ライダー「めずらしいバイクですね。どこまでいくんですか?」

バイクはメガリ、和歌山から福井に行きます。と言ったら驚かれました。

雨が降っていたからだと思われますが(笑)


おじさま「昔はバイクにのっていたんだよ。カッコいいね〜。でも、こんなのはなかったよ」

つい、もういちどいかがですか?

と声をかけそうになるのを躊躇いながら。

時間が経つほどに戻れなくなる『あの頃の煌めき』をもう一度見つけられますようにと思ってみたり。

たとえ小さなバイクでも、そこには大きな幸せがあることに感謝なのでした。。。








おまけ


帰り道はスピード控えめの超安全運転で帰りまして。

家まであと5分というところで結構な雨に降られました。

でも、急がば回れの精神で。。。

`ヽ、`ヽ、_(´・ω・`;)_=3`ヽ、`ヽ、サビちゃうよ〜


2014年6月28日

第7回関西メガリツーリング(前編)!!

 名田庄の自然薯(じねんじょ)そば。

少し前のこと。

今回で第7回目となる関西メガリツーリングに参加しました。

目的地は福井県にある「道の駅名田庄」の「よってっ亭」にある自然薯(じねんじょ)そば。

自然薯はヤマノイモのこと。滋養強壮によさげでクセはなく、蕎麦はあっさりとした味わいです。

個人的には、蕎麦は塩で味わうのが好みですが、自然薯そばは大根おろしで、つゆと一緒にさっぱりと頂くのが合っているようでした。これからの季節にはピッタリですね。

ちなみに、よってっ亭には《第二回メガリツーリングで一度訪れております。

ほかにも。

メガリと合同ツーリング》や《メガリとお蕎麦とツーリング》などなど、旅先ではよく蕎麦を食べています。とくに、メガリと合同ツーリングのときに食べた蕎麦は、固めの歯触りや旨みが、なんともいえない美味しさであったと記憶しております。。。

それでは、冒頭からネタばらしも無事に終わったところで(汗)

本編のはじまりはじまり。。。




ツーリング前日の夜。

季節柄、天気予報が気になりまして、カップに唇をつけては天気予報を確認してみるものの、和歌山の予報はどんどん雨よりに。。。(´・ω・`)

ちなみにオートバイ乗りは基本的に雨が苦手です。

確かに雨天走行ならではの走りの面白さや、通り雨の後に見る景色の美しさなど、移り行く一瞬を感じ取るライダーならではの楽しみ方があります。

実際に大雨の中をずぶ濡れになって走り抜けたときの記憶は、後々に楽しかった『良き思い出』となっているライダーはたくさんいると思われます(笑)

しかし、だいたいは、雨が降らないのを見越したけれど予想に反して降られてしまったり、ロングツーリングで仕方なく雨の中を走る場合が多いのかもしれません。

つまり、出掛ける前に最初から雨だとわかっている場合には諦めるのが正しい選択ですw

そもそも、高性能な防水ウェアを着用しなければ、たちまちずぶ濡れとなってしまいますし、四輪のようにワイパーもありませんのでヘルメットシールド越しの視界は悪く(ちなみにフルフェイスヘルメットの内部はほとんど濡れません)路面も滑りやすくなるので、雨脚によっては長距離の走行はとても覚悟が必要です。




ツーリング当日の朝。

奇跡を信じてテレビをポチッとすると!!


....( ´・ω・`)σ"TV






和歌山のお天気




!!!!!!!



(午後から)




ですよね...f(´・ω・`;)




福井の天気



!?!?!?!



☁︎(降水確率低め)




 v((・ω  ・;)))...イェイ♪



ということで、メガリハウスからレディを誘い出して散歩の準備をしていると、見上げた空は今にも泣き出しそうな曇に覆われております。

出発時に降らなくても帰りは雨ということで、バイク用のレインコートをタンクバックに押し込めました。


帰りだけなら雨に降られてもいいかな。。。


と、いいかげんに覚悟を完了。


すると事情を察してか。。。






`ヽ、




ポツリ





`ヽ、`ヽ、`ヽ、





ポツリポツリポツリ





`ヽ、`ヽ、`ヽ、`ヽ、`ヽ、`ヽ、`ヽ、




天気予報さん。。。





まだ朝方だけど、何か降ってる。。。




、ヽ`、ヽ`☂o(・ω・;)...`ヽ、`ヽ、




「レディ...」




「まだ、引き返してもいいのかな...」




「それも大人の特権かな...」




`ヽ、`ヽ、☂o(´・ω・`。)。`ヽ、`ヽ、




エピソード7のおかげで寝不足気味になってしまった頭で悩んでいると。




既に高速道路の上でした(笑)



和歌山近辺ではそれなりに雨でしたが路面がびしょ濡れになるほどの雨ではなく、北へ向けて走り続けていると知らない間に雨はやんでおりました。

そして集合場所の近くまで到着。

 最近は全然故障せず。長距離でも不安がありませんw

レディの朝食タイムに「ゆうくん」と合流。

ツーリングの待ち合わせ場所付近ではこういう偶然ってありますよね。

一台だったはずが二台となりまして、すぐ近くの集合場所に到着すると。。。


ぞくぞくとメガリ仲間が!!!!


(・ω・)/オハヨウゴザイマシタ☆


と挨拶しているとw


新たな関西メガリのメンバーが颯爽登場!!!!


つづく


2014年6月25日

BIWAKOビエンナーレ2014について

 BIWAKOビエンナーレ2014ホームページ

夏至も過ぎた今日この頃。

梅雨が明ければ、今年も『空と海とオートバイ』のシーズンがやってきます。

一年で最も心が弾む、浪漫のひと時です。

そして、そこからまだ少し先のことではありますが。

今秋は滋賀県は近江八幡市旧市街にて開催される国際芸術祭『BIWAKOビエンナーレ2014 泡沫~UTAKATA』に私も写真作品を出展します。

今回は国内外のアーティスト約 60 名の現代アート作品をはじめ、小篠弘子氏や黒田アキ氏などの著名なアーティストも参加されるとのことです。著名な写真家の川内倫子さんも出展されるとのことですよ。

夏休み期間にはワークショップやイベント、期間中は夜に作品を見学することができるナイトツアー、さらには歌やピアノ、コンテンポラリーダンスのパフォーマンスなども開催されます。

6回目を迎えたBIWAKOビエンナーレは近江八幡市旧市街の12会場で開催される予定です。期間は2014年9月13日(土)〜2014年11月9日(日)木曜日定休。

私は出展するアーティストではありますが、街を歩きながら美しいものを拝見できることが今から楽しみです。

せっかくですので写真教室でも撮影会に訪れようと考えております。


BB2014のプレスリリースはこちら
BB2014のホームページはこちら


Facebook
https://www.facebook.com/biwakoBN (日本語)
https://www.facebook.com/BiwakoBiennale (英語)


2014年6月21日

美しき帽子



先日のこと。

ある御方より「お店を開いたのでいらして下さい」

というお話がありました。

御方は年齢を重ねるごとに『人』や『世』というものの存在や意義について何かを感じとられており、伺っていると感覚的に何かを悟り得たようなご様子でした。

小さなお店はアーティストのクラフトなどを中心に取り扱うお店なのですが、広く一般に知ってもらいたい、というものではなく。

むしろ、口伝えで客人を招き入れたいという考えのお店です。

品物を取り扱ってはおりますが、それを通じて客人とのコミュニケーションを楽しむ接点を目指しているのではないかと思われます。まだ屋号もなく、とりたてて付けたいといったふうでもない不思議な雰囲気でした。

そして。

話を進めながら、目が覚めるほどに薫りに品のある紅茶を楽しんでいると、面白いものがあります。

とのこと。

大きな白い箱から現れたそれは、とても美しい帽子でした。


今はなき、帽子のデザイナー平田暁夫氏の作品。

平田氏は今年の3月に永眠されてしまいましたが、作品には心が宿ったまま。


平田氏の帽子を拝見すると鳥肌が立つくらいの『美』を感じました。

トップは、まるで麦わら帽子のような自然の優しさと表情があり、つばの表はそれとは対極に金属感のある生地でモダンな仕上がり。

もはや帽子の形をした芸術品といったほうが正しいと思います。

じっと見つめているだけで、本当に美しいと感じる作品でした。。。


2014年6月13日

ヒザすりキャンプ(総集編)

itouさんのデイトナ675R。外国車には華があります。


前回の続き。

先月末に開催された『ヒザすりキャンプ』は訓練を受けるだけではなく、一日遊べる楽しいイベントでした。

今回は、当時のちょっとした出来事をまとめて記してみます。


まず最初はメガリ仲間のサーキットランからご紹介!!


ゼッケン50番のメガリ250r『グランディ』さん。
美しいメガリ250rが眩しいですね。


高い速度域で走るドキドキ・ワクワクの第1コーナーも「ヒザすり」で鋭く駆け抜けておりました!!

他のみんなはアーミーチームでしたが、グランディさんはエアフォースチームで孤軍奮闘!!
5倍以上も排気量差のある大きなオートバイに囲まれながら、最後まで攻めた走りで「ヒザすり」を披露してくれました!!




 続いておなじみ、ゼッケン1番のメガリ250r『けんちゃん』。

「昭和のヒザすり」と、ご自身で語られておられますが、最後まで余裕で膝を擦る安定した走りは流石でした。ヤングマシン誌で「ヒザすりマスター」の称号を持っているのは伊達ではありません!!すごい。。。(・ω・;)




 そして、ゼッケン11番のメガリ250r『m@ko』さん。

速さとヒザすりを兼ね備えた走りは上手の一言!!

マシンコントロールも巧で「ヒザすり」はお手のものです。堺カートランドはテクニカルサーキットですが、スポーツランを楽しみながら的確に膝を擦っている印象でした。
ご自身もマシンの調子もどんどん良くなっているようですね!!




さらにメガリ250rのダークホース「ゆう」くん。ゼッケンは20番
キラリと光るウィルヒムさんの写真もすごい!!

ラジアルの高性能タイヤ(ピレリのディアブロ ロッソ2?)を履いているとはいいましても凄いバンク角!!

これなら「ヒジすり」もできそうです(笑)

二輪の免許を取得して初のバイクがメガリ250r。これまでは幾度も転倒を重ねてきたそうですが、『ヒザすりキャンプ』で見事に成長!!レベルの高い「ヒザすり」までゲットしました。




まだまだいきます!!ゼッケン16番のメガリ250r『とく』さん。

 ※とくさんのメガリはバックステップ仕様です。

獲物を狙うような低い姿勢と時折見せる深いバンク角は独特なフォームでインパクトがありました!!
タイヤはダンロップのTT900GP?のブロックパターンだったと思いますが、標準指定サイズにも関わらず、後ろからみると、もの凄く太いタイヤに見えるのでメガリ250rとは思えない迫力です。




そして最後はゼッケン5番、デイトナ675Rで参加のitouさん。

高性能マシンを乗りこなして軽快なハンドリングを楽しんでいたようです!!
「ヒザすり」は程々に、どちらかといえばコーナーを速く曲がることを重視した走りでした。もちろん、まわりには迷惑をかけないように安全に気を配りながらの走行でした。




私は直線のんびり走行です(笑)

ちなみに1回目の走行中にはお客様から電話がかかってきたので膝を擦りながら応対しておりましたw

インカムって便利ですね。

しかし、ヘルメットがLサイズなので頭が異様に大きく見えます(・ω・;)

次のヘルメットはSHOEIの新型「Z-7」にしようか、デザイン的に勝っている(個人的に)今と同じ銘柄の「XR-1100」にしようか悩んでいます。どちらにせよ次はMサイズにします。。。

腕の力を抜き、ニーグリップ(ヒザすりの時もアウト側のヒザはニーグリップ)でマシンをコントロールすることは、公道を走る時もサーキットを攻めるときも同じくらい重要だと思いました。下半身でしっかりとマシンを保持したまま、上半身の力を抜きながら重心をバンク角に合わせて適切な位置へ持っていくことは、どんなときも大切のようです。

そういえば、友人のミスターX氏が「Z-7」を買いに出掛けたところ、実物を見比べて「XR-1100」のマットブラックを購入してしまったとか。。。やはりXR-1100のデザインがよいらしいです。でも、生産はいつまでしてくれるのだろう。。。


そして、吹き出るような汗を流しながら訓練に励んでいるとメガリ仲間も続々と参上してくれました。

メガリ250r乗りのobiobiさん(写真左)が『ヒザすりキャンプ』の見学にいらしてくれました。とくさん(右)とお話中。

見学の方でもパドックには無料で入ることが出来ますので、参加者と同じように『ヒザすりキャンプ』を楽しむことができます。

くまごろうさんもメガリ軍団の応援にきてくれました!!

実際にお会いするとお体の大きい方ですので、小さなホンダ『モンキー』がひときわ可愛く見えます。いつものメガリ250rとは全然違う雰囲気ですね。


そして、サーキット上では注意すべき点が一つだけありました。。。


新しい舗装が施された堺カートランドのコースコンディションは走りやすくて快適の一言ですが、一カ所だけ難点があります。

コース中央のカーブにある矢印部分で少し速度を早めて通過してみたところ、恥ずかしながらリアが飛び跳ねてしまい、大きくスライドしながら軽いハイサイドに直面!!

「よっこい、ショ!!」とニーグリップでタンクを挟んで立て直しましたが、ここは大きな段差になっているので速度次第では危険かもしれません。

スピードは控えめに。。。イン側は危険です_(・ω・;)))_!!

コーナリング速度を下げる、もしくは走行ラインを中央付近によせることで難なく回避できますが『ヒザすり』をするには気になるポイントでした。。。

他にもサーキットの各所ではいろんなことが起こります。


コース上では、お決まりのバトルが繰り広げられていたり。。。


パドックでもこうなっておりまして。

もはや、誰にも止めることはできません。。。(笑)


そうこうしていると、神永暁少佐殿が緊急発進(車両はとくさんのメガリ250r...)!!

まるでクモが地をはうように走るスムーズなライディングに驚愕しました...(°◇°;)!!

こういった思わぬサービスが嬉しいヒザすりキャンプです。


丸山浩軍曹殿もお忙しい中、サービス☆サービス☆

ヤングマシン誌をご存知の方なら知っている方も多いですね。

安全を意識したご指導は丁寧で、厳しくもすごく優しいお方。

流石は『名人』!!



見学にいらした女性ライダーがメガリ250rに股がってみたいとおっしゃるので、私もサービスですg(・ω・;)

「タンクは細めでハンドルも広い」と、見かけよりもかなり快適なポジションのメガリ250rは好評でした。ツーリングマシンとして使用しておりますが、軽さもあって誰にでも乗りやすいメガリ250rです。

ちなみにメガリ250rの情報はこちら(メガリジャパン)。

他にもいろんなことが起こる『ヒザすりキャンプ』は一日遊べるイベントだと思いますので、ヒザすりだけではなく、小さなサーキットからお気軽に走行してみたい方にもおすすめできると思いました(レースではありませんので)。

 眠っているのではなく、眩しいのでありますw

とても暑くてグッタリと疲れましたが、終わってみれば運動会のように爽快!!

参加してみて本当に良かったと思いました!!

関西で開催される次回の『ヒザすりキャンプ』は11月16日(日)。

また堺カートランドでたくさんのヒザすりライダーが誕生されるのでしょうね。

個人的には暑い季節よりも涼しい秋が断然おすすめですd(・ω・;)



関連記事
ヒザすりキャンプ(訓練編)
ヒザすりキャンプ(実戦編)
ヒザすりマスター









おまけ



obiobiさんから、例のブツを頂戴しました。。。w

メガリ250rのシングルシートカウルで使われているボルト(六角穴付ボルト 太さ6ミリ×長さ12ミリ)をゲット。

本当にありがとうございました_(;ω;)_


どこかで落下したボルトと同じものを入手できず、恥ずかしい「+ネジ」で仮止めしておりましたので。。。

これで...みんなから指を差されなくなりそうです(笑)

くわしくはこちら



さらに



ん...これは(・ω・;)!?



。。。?

とくさんからはミラーエンドラバーを頂戴しました。


ミラー根元部分の気になる隙間に効果ありですね。

取り付けは10ミリのラチェットレンチがあれば簡単でした。

ゴムが黒ですので、とくにブラック車に似合いそうです。

ありがとうございました_(・ω・)_







おまけのおまけ

6月21日(土)は『第7回メガリツーリング』が催されます!!
福井県名田庄村へお蕎麦を食べにでかける予定です。。。

新たなメガリストも参加される模様です(・ω・)!!