2014年4月26日

メガリのオイル交換

 iPhoneで撮影w

昨年は諸々忙しくてライディングを楽しめる機会が少なく、愛車であるメガリ250rの行距離は2,000㎞に満たない状態となってしまいました。

この春先もバッテリー上がりを経験するなど、メンテナンスがおろそかになりがちです。

ちなみに走行距離が2,000㎞となりますと、メガリ250rにはオイル交換という儀式が必要となります(笑)

メガリ250rのオイル交換サイクルは2,000㎞走行が目安ですが、今回は走行距離もさることながら、前回のオイル交換より1年4ヶ月ほど?のインターバルとなっているのでエンジンオイルの経年劣化が心配です。

実のところ、エンジンオイルは古くなっているはずなのにエンジンフィーリングやシフトフィーリングは意外に滑らかでさほどの劣化を感じません(体感的に)。もしかしたら走行条件のほとんどがゆったりツーリングだったこともあり、エンジンを酷使するような状態ではなかったことがオイルの劣化に幸いしていたのかもしれませんね。。。

ということで、久しぶりに東大阪に所在するいつものメガリ販売店で油脂類の交換をお願いしました。

入店すると店長さんやスタッフの皆さんも元気に声をかけてくれました。皆さん、優しい方ばかりです(・ω・)♪


それではさっそく作業開始(。・ω・。)g”


エンジンを覆っている左右のアンダーカウル等を取り外して頂きまして。


古くなったエンジンオイルを受けるために『オイルパン』を下に敷いて頂きます。


車体の右側からエンジンを見るとこんな感じです。

メガリ250rのエンジンオイル交換するには、エンジン右側にあるドレンボルトを緩めて抜くと、そこからオイルが抜けるようになっております。


ち、血が。。。(・ω・;)ドロ〜と少なめ...

ドレンの穴からこぼれ出たオイルはエキゾーストのパイプ部分に付着してしまいますが、これは構造上しかたがありません。

付着したオイルは作業が一通り終わった後にパーツクリーナーで掃除して拭き取ります。きちんと拭き取っておかないとエンジンをかけた時にオイルの焦げた臭いでちょっぴりドキドキすることになります(笑)

オイルは純正指定のモチュール7100(ナナイチ)を継続使用。ワインのようなとまでは言いませんが赤い色のオイルですw

いつもなら、もっと黒く汚れているエンジンオイルですが、今回はエンジンを酷使していなかったせいか見た目にはやや汚れが少ない印象でした。粘度もあります。


次に通常はエンジンオイル交換2回に対し、1回の交換目安となるエンジンオイルフィルター(だいたい4,000㎞毎の交換)ですが、今回は走行距離は短いものの1年以上放置していたので前回に続いて交換することにしました。

写真左にあるオイルフィルターのカバーを外すと、中には交換式のオイルフィルターが入っておりますので抜き取ります。

写真右は先程抜きましたドレン穴ですが、その中にも黒い樹脂と金属メッシュできたオイルフィルター?(※名目上オイルフィルター2と呼びます)らしきものがあります。

これも取り外して清掃するのですが、とりあえずは反対側(エンジン左)の同じ位置にあるドレンボルト(メガリ250rにはドレンボルトがエンジン左右にあるみたいです)を抜いて、そちらからもエンジンオイルを抜きます。


そして、エンジン左側のドレンボルトを緩めて抜くと。。。

 ※写真はエンジン右側から撮影。交換式のオイルフィルターはあまり汚れておりませんでした...

いっきに残りのエンジンオイルが流れ出てきました(・ω・;)g!!


車体をゆっくりと左右に揺らして残りのオイルを全て抜き取ります。


オイルパンにはたっぷりの廃オイル。

そもそも、左右にドレンがあるなんて、おかしいような気がしないでもないです。

もしかして、フィルター点検用の穴だったりして。。。


オイルが抜けたら、車体右側の交換式オイルフィルターを新品と交換しカバーを取り付けます。次に車体左のドレン穴から抜いたオイルフィルター2をパーツクリーナーで清掃してから車体に戻します。


左右のドレンボルトを締めてから、エキゾーストに付着したオイルをパーツクリーナーで清掃。

最後に新しいエンジンオイルを注入、そのあとにエンジンを始動してからオイルを循環させ、レベルゲージでオイル残量を確認できたらエンジンオイルの交換は完了です。



今回は忘れかけていたブレーキフルード(作動油)(2年毎の交換が必要)の交換も依頼しました。

作業は古くなったブレーキフルードの上澄みを抜き取ってから、新しいフルード注ぎ込み、後ろのドレンから排出しつつ内部を循環させるように交換します。


聞くところによると、マスターシリンダーとブレーキキャリパーを接続しているブレーキホースは、黒いゴムホースを使用しているものだとブレーキフルードが黒くなりやすいそうなのですが、金属メッシュホースを使用しているものは汚れにくいそうです(メッシュホースの中身にあるチューブはテフロン?)。

私のメガリは交換前のブレーキフルードも透明に近い黄色だったので、もしかしたらブレーキフルードはさほど劣化していないのかもしれませんが、車もバイクも昔から2年毎(車検毎)に交換しております。

バイクはブレーキによって荷重をコントロール場面がほとんどですので、ブレーキ性能の維持は安全走行に大きく関わると思います。大事ですね。


ついでに、随分前に交換したタイヤ(※メガリのタイヤ交換の記事参照)の空気圧点検をしていただくとフロントの空気圧は150kpa(キロパスカル)、リアは200kpaでした。

メガリ250rのメーカー指定空気圧は標準で前後とも200kpaですので、フロントはかなり減少しておりました。

どうりで操舵感が重く感じたはずですf(・ω・;)

空気圧の調整後はハンドリングも軽快になりましたので、久しく点検されていない方はぜひ。。。


 ブレーキパッドの残量も新車から無交換ですが半分くらい残っております(走行距離11,700㎞)

これで心置きなく、ライドオンできるようになりました(>ω<)☆













おまけ




販売店のピット&倉庫には納車前のメガリ250rがぞくぞくと控えているご様子(ブラックが人気のようです)。

新車よりも微妙に中古車が熱い感じですが、

まだまだ増殖中のようでした。。。


2014年4月23日

和歌祭の記事


先日のこと。

和歌山経済新聞さんの記事【紀州東照宮の祭礼「和歌祭」】にて和歌祭のお写真をご提供させて頂いております。

記事はこちら→ http://wakayama.keizai.biz/headline/129/


ちなみに、和歌祭(わかまつり)は、黄金のみこしが紀州東照宮の緑で囲まれた林の中を駆け下りる姿が美しく、県内外の写真愛好家も数多く訪れます。

お写真を撮影される場合は観光客もたくさんいらっしゃいますので、すこし早めに場所取りをされるほうがよいと思います。また、行列が和歌浦漁港を通過する姿を撮られても面白いし、露店の多い漁港の堤防でのんびりとお祭りを楽しむのも一興ですよ。


ということで5月11日はぜひ和歌山へw


和歌山経済新聞さんは旬の和歌山情報が盛りだくさんとなっておりますので、和歌山で開催されるイベントやショップなど、今の和歌山をもっと知りたい方々におすすめだと思います。
要チェックですねd(・ω・)

和歌山経済新聞
http://wakayama.keizai.biz



2014年4月16日

連休はメガリツーリング!!

先日のこと。

 画像はイメージですw

関西メガリストのリーダーである『大阪のけんちゃん』より『第六回 関西メガリツーリング』のご案内を頂戴いたしましたので告知させていただきます。


それではさっそく、本文を転載させていただきます。



メガリツーリングを楽しみにされていた皆様、大変お待たせしました。今年も思い出に残る楽しいツーリングにしたいと思っています^^

さて、今回のツーリングは『伊賀牛』を頂きに三重県の伊賀上野に向かいます。

「もしや、お高いのでは・・・」心配ご無用です、すき焼き屋さんがランチメニューとしてリーズナブルな価格で提供されている『牛丼』です。

お腹もココロも満タンになり、今回も楽しく過ごしましょうヾ(´^ω^)ノ♪ 

<集合場所・日時>
5月3日(土) 針テラスに10時集合。

日帰り。

※滋賀・愛知方面などからの参加希望の方は、別途相談下さい。第二集合場所を設けます。



とのことです(・ω・)/


もし、『この機会に参加してみたい!!』と思われたメガリ乗りの方がいらっしゃいましたら、事前に私のメールアドレス『art_tn1@yahoo.co.jp』までお気軽にご連絡・お問い合わせくださいませ。

後ほど私から返信させていただきまして『けんちゃん』をご紹介させていただきます。


 画像はイメージですww

2014年もようやくバイクシーズンの到来です!!

メガリに乗って仲間とグルメ&ツーリングを楽しみましょう!!


2014年4月13日

SAVEURのケーキ


先日のこと。

和歌山も春を迎えて暖かくなりまして、西山フォトではスタジオ記念撮影も忙しくなってきました。

そして、いつもお世話になっているお客様よりお菓子を頂戴いたしましたのでご紹介させていただきたいと思います(^ω^)

和歌山の洋菓子店『SAVEUR(サブール)本店』さんのケーキです。

イチゴはちゃんと味のよいトコ取りで、美味しさが凝縮されたケーキも甘すぎず、とてもしなやかな味でした。

疲れているときにスイーツを食べて頭もスッキリしますね。

たまの贅沢をさせて頂きました。

ということで、お礼まで。。。m(_ _)m


2014年4月10日

ひざスリキャンプの応募

来月末o(・ω・)ノ

大阪の堺カートランドにて『ひざスリキャンプ』というイベントが開催されます。

『ひざスリキャンプ』と言いますのは、サーキットでコーナーを曲がる時にバイクを傾けながらライダーがカッコ良くヒザを擦ることを目的とした娯楽のことでありますw

もとい、それを習得するために有名である軍曹殿の楽しい講習を受けることです。

じつは昨年の秋にも友達の「けんちゃん」からお誘いを頂いたのですが、私は仕事で参加ができませんでした。。。

そしてまた、情報通のけんちゃんより、ひざスリキャンプが開催されるとのご案内を前々から頂きまして。

今回こそ、仕事もお休みを頂きまして私も参加させていただきたいと思います/(・ω・*)イェッサ

楽しいヒザすり講座を受けて美しいヒザすりにチャレンジです!!

ちなみに、初心者なので皮ツナギ等も持っておりませんが、レースではないのでそれでもよいらしいです(主催者さまに電話で伺いました。※でも参加検討の方は念のため諸々確認されたほうがよろしいかと思われます)。一応、レンタルの皮ツナギもあるとのことです。


ということで

 封筒。。。これしかありませんでしたので(笑)

先日に応募用紙を投函。

(๑•﹏•)_□〒

今からドキドキ、ワクワクです。。。


尚、『ひざスリキャンプ』のご案内や申込書はこちらのサイトにあります。

今年は2回開催されるようですが、第1回は平成26年 5月31日(土)、第1回の申込期間は平成26年 4月1日(火)~5月23日(金)とのことです。



2014年4月3日

紀の川市『百合山の桜』

こちらの写真は拡大できます↑

今日。

私の地元である和歌山県紀の川市の『百合山』に訪れました。

せっかくの春ですので、今しかない桜を急ぎ足でお花見です(・ω・)

場所は微妙に分かりにくいところなのですが『最初ヶ峰(さいしょがみね)』というところでして、道のつきあたりまで進めば大きな駐車場もあります。紀の川市の中心部から公園まではさほど時間もかかりません。



諸般の事情により急ぎ足で撮影。

小さな坂道をさっと駆け上ると。。。



最初ヶ峰がありますd(・ω・;)

ここで左を見ると。。。


こちらも拡大できます↑

紀の川市桃山町の絶景(^ω^)!!

なんだか夢の世界にありそうな丘。

夕陽も綺麗だと思われます。

ちなみに写真中央のピンクは『桃の花』です。



最初ヶ峰にはお弁当を片手におに訪れている方々がたくさんいらっしゃいました。

 ライトアップもしているみたいです...

紀の川市は長閑な田舎なのですが、大阪との境界付近ともあって、りんくうアウトレットへのアクセスは容易だったりします。和歌山では店舗が比較的多い岩出市にも隣接しておりますので、意外に不自由なく生活ができるところです。もちろんパラグライダーも有名です。

最近は京奈和自動車道の『紀の川IC』も開通し、幹線道路に目をやると新しい住宅もけっこう増えている気がしました。

でも、まだまだ認知度は低いのが実情f(・ω・;)

ということで

和歌山へのお出かけの際は、ぜひ紀の川市にもお立ち寄りくださいませ。。。と一市民として応援してみます(笑)







おまけ


 急ぎ足ですので写真は適当でごめんなさい...w

紀の川市『粉河』にある桜のトンネルも本日満開でした。

地元の人はみんな知っているのかもしれませんが、場所はマク◯ナルドの近くです。


2014年4月1日

メガリとお散歩ツーリング


今日から4月。

和歌山もようやく春となり、桜も満開となってきました。

ということで。

そろそろといいますか、いい加減にといいましょうか(笑)

ここ一年以上、ほとんどガレージでひっそりとしていたメガリ250r(レディ)に火を入れだしました。


 今思えば、偶然撮っていたこの写真...

今回はレディと私の肩ならしに奈良県の十津川へツーリングに出掛けてきましたのでそのときのお話など。

まずはセルスタート!!

気になるエンジンは軽く一発始動(^ - ^)v"

やや長めの暖気、そしてクラッチミート!

回り出すエンジンは滑らかで絶好調でした。

しかし、よくよく考えてみると。

気がつけばオイル交換も軽く一年以上いたしておりませんf(・ω・;)ゴメンね

この期間の走行距離は相変わらず2,000㎞ほどで停滞中しているとは言いますものの。。。エンジンによろしくないので近々オイル交換を予定しております。

そんなことも頭の片隅に置きながら車両の状態を一つ一つ確かめるように走っていると、だいぶ前に交換したタイヤも未だに側面がツルツルの新品状態だということに気付きました。

当日はやや濡れた路面状況ということもあって、ゆっくりとバンクを深くとりながら急なコーナーに侵入するとリアがスムーズにズルズル滑ります...(・-・;)

ワインディングに入る頃にはエンジンフィーリングやサスの動き、タイヤのグリップ力などの感覚をじんわりと思い出しまして。

なんだか急に楽しくなってきましたw

もちろん安全運転ですのでスピードは全然出しません。

目指す燃費は40㎞/ℓあたりです(笑)

それでも要所要所はカミソリのような素早い切り返しとトラクションをかけながらのコーナー脱出!!

これぞレディならではのステップを楽しんだのでした。


山の中をしばらく走ると小腹も空きまして。

某カフェにてお食事タイム(・ω・)


場所は山奥ですがお洒落感漂います。

スプーンもズシリとした良質のカトラリーでした。


日替わりランチのオムライス。

ソースはトマト、クリーム、カレー味などが選択できました。


テラスからは『谷瀬の吊り橋』が見えます。

ここはロケーションもバッチリ。

駐車場もあるので小休憩にもおすすめです。

食事を終えた後はレディとさらに南へ。


めざすは『パンダ焼』!!


なんだろう。。。この生きてる感f(・ω・;)

不思議な魅力故につい買い過ぎました(合計12個w)。

ちなみに。

あん、カスタード、さくらあんの3種があり、『カスタード』と『さくらあん』をチョイス。

中身の見極めは、さくらあんの首もとには微妙な切れ目が存在することを発見。


ほら。。。


ね。。。


『パンダ焼き』は小ぶりですが『さくらあん』はなかなかに本格的な味つけ。

桜の葉入りで美味でした。

目的のパンダ焼も無事にゲットしまして。


さらに南下w


気がつけば熊野本宮大社の前を通過し、レディと私は中辺路を抜けて『古道歩きの里 ちかつゆ』にて休憩をしました。


今日はトラブルもなく、あとは引き返すのみとなります。


今日はトラブルもなく。。。


ん。。。

ない。。。( ⓛ ω ⓛ ;)!!



ネジ。。。



ない。。。




前々からシングルシートカウル(フタ)とシートカウルが振動で粉を出しながらすり減るくらい(本当です)の影響は出ておりましたが。

今回はネジ脱落の影響でフタがけっこうグラグラなのでした(笑)

まぁ。。。

メガリ250rの楽しい走りに比べれば、なんということはありません。

そもそもフタは飾りなのですw

ありがたいと言うべきでしょうか。

いつもながら期待に答えてくれましたが、

帰り道はめげずに和歌山の山中を駆け回ったのでした。。。










おまけ


今回の走行距離は288㎞。

燃費は39km/ℓ

40㎞/ℓまでもうちょっとでした。

おしい。。。