2014年3月30日

和歌山城で桜の撮影会!!


先日のこと。

和歌山城にて桜の写真撮影会をいたしまして。

今回は写真教室の生徒さんや一般の参加者を加えて、春の和歌山城を散策しながらの楽しい撮影会となりました。


待ちわびた桜もようやく開花(^ω^)☆


当日の和歌山城は、春霞もなくおだやかな青空でした。

カメラ初心者でも少し気を配るだけで、芸術写真のコツを吸収できるように撮影ポイントや表現力を磨くレッスンです。ちょっとした見方を養うだけでも写真には『心』が写ります。


写真をしていると不思議な一期一会がありまして

こういった心温まる春の一面にも出会えました。


光の反射。

一瞬のチャンスを見逃さないように撮影タイミングやきっちりとフレームにおさめるための指導もさせていただきました。


木の陰影。

たとえばiPhoneでもこんな写真が撮影できますので指導でもよく利用しますw


当日は全体的に5部咲き程度でしたが、一の橋大手門のしだれ桜(寒緋桜)は満開でした。和歌山(北部)の桜はこれからがシーズンを迎えそうですね。

ちなみに紀の川市の桃山町では『桃の花』が続々と開花を始めておりまして、そちらもすごく綺麗なのでおすすめだと思います。







おまけ



春の陽気に包まれていると、知らず知らずのうちに麦わら帽子が必要な季節が迫って来そうな気がしました。

まだ先ではありますが、夏、そして秋へ向けて。

今年も挑戦が続きそうな予感です。。。



2014年3月27日

アストロの旅


親知らずの抜歯手術後の経過は良好で痛みも随分和らいできました。

片側の上下の歯を抜歯していただいたのですが、手術中に上顎の歯を抜いた穴から鼻腔の粘膜が見えており、ちょっと危ない感じでドキドキワクワクの日々でしたが、あと一週間くらいすれば大丈夫だと思われます。



とくだん。




私の場合は抜かなくとも、とくに支障はありませんでしたが、なんとなく気分がスッキリしたのは事実です。




こうでようやく悶悶とした日々から開放されそう




ということで




また機会を見まして。




今度は反対側を抜こうと思います。




そちらの歯は奥深いらしく。




次回はかなり大変そうです。




. . . ( 0 ω 0;)v





さて。



それでは数ヶ月ほど前のことなどw



たまたま奈良県へ出かけておりまして。

いつも通る道で偶然目に留まった『アストロプロダクツ』という工具店が気になっておりました。

ちなみに私の趣味はオートバイですが(*´ ˘ `*)

整備に関しては胸を張って自慢の出来る超ド素人レベル。ドライブチェーンの張り調整やクラッチワイヤーの注油でもかなり緊張します。

学生の頃はキャブセッティングを楽しんでバラしていたこともありましたが(ジェット類の調整に悪戦苦闘の良き思い出)もはや大昔過ぎて無理です。現状、メガリ250rのタンクを外すのがせいぜい関の山であります。。。

なのになぜ工具店なのかといいますと。

メガリハウス(マイガレージ)の掃除をしているといろいろと工具などが発掘されまして、古いものなのですがKTCのツールセットなども見つかりました。


つい、バラバラに置いてある工具たちを見ていると。。。




きれいに整理したいと考え、こういうのが欲しくなりました。


と、その前に。

工具とはいっても、されど工具でして。

スナップオンetc...高級ツールブランド製の工具は形状や仕上げなど、たとえ使わなくても飾って眺めておくだけで美術品のような美しさを堪能できると思います。とくにレンチ類はその代表格かもしれません。実物をみたらきっと萌えると思われます。

理想的にはそういうのをコツコツ揃えたいけれど、本格的な整備ができない私にとっては完全に宝の持ち腐れですので、とりあえずは今ある工具を収納するツールボックス(工具箱)を所望しました。

そもそも今回の『アストロプロダクツ』という名はメガリ友達から小耳にはさみまして、大変安価ではあるもののプロ未満の(プロも使っているかもしれませんが)整備をしたい人には何かと都合の良い工具メーカーと言えるみたいです。

ツールボックスを例に例えると小さいもので1,000円くらいから、車輪のついた大きなキャビネットでも高い物でさえ5万円ほどで販売されているようでした。

経験上、小さいツールボックスはすぐにいっぱいになるので、ちょっと大きいかなと思うくらいがよいと思います。

品物を見ていると最初はとりあえず5,000円くらいの製品でもいいかなと思っておりましたが、実際に引き出しの操作感やスムーズさを確認するとちょっと...でして『AP トップチェスト6段 ブラック』という品物が総合バランス的にベストだと判断しました。


価格もお得な19,800円です☆(写真上部のみの価格)

本体サイズ:W690×D310×H380mm(ハンドル含む)
小さな引き出しと大きな引き出しがそれぞれ3つ。
ボールベアリング入りで動きにしっとり感がありスムーズに引き出せます。

収納力も適度で、レンチラックやトレーにマグネットホルダーなど組み合わせていくと一通りの工具が収納できます。

同時にロールキャビネット『AP ロールキャビネット7段 ブラック』(写真下部は39,800円、これも破格です)も目がくらみましたが、ガレージの作業カウンターに結構ゆとりがあるので、工具箱はそこに設置するためロールキャビネットは見送りました。

ちなみにちなみに、アストロプロダクツで販売していた『シグネット』の4万円くらいのツールセット(工具箱付)は今から工具を揃えるにはとても良いと思ってしまいました。作りもピカピカで綺麗だし工具はスポンジにピッタリと収納できます。凄くカッコいいです。。。コレいいなぁ。。。



アストロにはバイク好きが好むアイテムが目白押しでして。

それゆえにあれもこれも欲しくなる。

終わりのないアストロの旅なのです。。。







おまけ



結局、バイクスタンドも購入しました。

はや数ヶ月がたった今でもまだ未開封ですが(笑)

ようやく少し時間ができそうなので機会をみて使用してみます。

これでメンテの技術も少しはUPすればいいのですが

。。。(u_u*)


2014年3月16日

桜の撮影会をします!


3月も中頃となりまして、ようやく少し暖かくなってきました(・ω・)r

南国の和歌山では少し早く桜が咲く傾向で3月の下旬にはあちこちで桜を見ることができると思います。

そして、この季節になるとカメラやスマホを片手に写真をスナップしてみると楽しい思い出にめぐり会えるかもしれませんね。

ということで。

本当に唐突ですが、和歌山城をロケ地に桜の写真撮影会を開催したいと思います!!
今回は一般の参加者も募集しておりますのでどうぞお気軽にご参加くださいませm(_ _)m



『桜の写真撮影会』

日時 2014年3月28日(金)
集合9:00〜解散11:30
予約締切 2014年3月26日(水)
一 般  3,000円(税込)
RPC会員 2,500円(税込)

和歌山城で桜の写真撮影会をします。
写真家の西山武志先生による直接指導を受けながら楽しむフォトレッスンです。
カメラの機種は問いません。スマホ、デジカメなんでもOK。


お申し込み・お問い合わせ

西山フォト粉河本店
0736-73-4950(9:00-19:00)(木曜定休)
メール『art_tn1@yahoo.co.jp』

詳しくはこちらまで(和歌山写真撮影会


2014年3月13日

痛いじゃないか...


先日のこと

和歌山県立医科大学の口腔外科にて『下顎水平埋伏智歯』の抜歯手術を受けてきました。

ありがたいことに、私は歯医者さんにかかることは極稀で、たまに歯石除去に行くぐらいです。虫歯も全然ありません。。。

ただ、随分前から『親知らずがありますよ』と医師からお話はありましたが、痛みがある訳でもなく、虫歯にもならず、『様子をみましょう』とのことで、もう何年どころではないくらいに様子見をしておりました。

そして、あることがきっかけで(痛みとかじゃないです)この際、抜いてしまいましょうという気持になりまして。

事前に医大で検査を受けたところ、片方の奥歯は抜くことが決定(笑)

さらに、その真上にある親知らずも、ついでに抜くことが決定(泣)




。。。。。





(´・_・`)ションボリ




後日、手術日となりまして。


あっさりと椅子の上。


口のところだけ穴のあいた布を顔に被せられて。


ぷちゅ × 3


麻酔。。。



皆が気になる麻酔は果たして痛いのでしょうか。


感覚は人それぞれだとは思いますが、それほどの痛みはありませんでした。


液が入ってくるのはちょっと気持ち悪いですが。。。


まぁ。。。大丈夫だと思います。


次に切開。


感覚なし。。。


次に顎骨。


ウィーン!!


ガリガリッ!!


次に歯の破砕。


ピキピキ。。。

痛みはなく、音だけです。


抜けました。


洗浄しました。


血の香り。


そして縫合。


最初に、主治医から難儀なので一時間ほどかかるかもしれませんと説明がありましたが、意外と順調にガリガリできた模様で15分で完了しました。


次に上の歯を抜歯しました。


上の歯は下顎よりもリスクが小さいのであっさりと抜けました。


多分、5分くらいです。


もちろん痛みというほどのものはなく。


しいて言うならば。


ぷちゅ。。。


は、それなりにでしたが。


手術は無事に終了し。


麻酔が切れてくると。。。


ズクンッ!!

ズクンッ!!


という痛みがどんどん広がってきました。


当日の夜は食事をすると凄く痛くて。。。


顔半分が痛くて、耳も目も頭も。


痛い。。。痛いじゃないか。。。


(-﹏-。)。。。


大判焼きが痛くてたべられへん。。。
(食べましたけど、二つ)


寝る前に歯を磨いたら。


ドラキュラでしたw


これは痛しです。


ハイペン錠200mgを飲んだら痛みはだいぶ治まりましたが、歯の治療というのは大変だと思いました。普段から虫歯になりやすい人の気持がわかった気がします。。。

ちなみに、翌日はかなり痛みが治まりました。

ごはんも普通に食べることができます。

とにかく、初日を乗り切れば何とかなるのではないでしょうか。。。










おまけ



医大の近く、紀三井寺駅の駅前で歯の家族?のようなものを発見(笑)

。。。


歯は大切にしましょう。。。


2014年3月8日

fallin'landが好評です


GINSEISHA,JAPANから発行されたフリーペーパー「和歌山市民のための和歌山観光ガイドブック- fallin'land(フォーリンランド)」がYahoo!ニュースに掲載されました!!

ご興味がございましたらぞうぞご覧下さいませm(_ _)m

Yahoo!ニュース↓


2014年3月7日

夜のお散歩(猛獣編)


先日のこと。

いつもお世話になっているHさんのお誘いで、

和歌山は城北通りにある、某焼き鳥店の『K』にてお食事会のご招待を受けました。

店先の大きな提灯は老舗である誇りのように堂々としているのですが、大女将らしき女性の心配りに繊細なやさしさを感じます。

おもしろいのは、焼きたての串をすり鉢のなかに並べてくれるところ。

塩も必要最低限で調理されたお肉は、柔らかくてジューシー、とくにさっぱりとした油が美しいと思います。

これも素材の鮮度に自信があるからこそできる味付けなのでしょう。


手羽先唐揚。旨し。


もも唐揚げ。皮は超パリパリで美味。


写真に撮ったのはほんの触り程度、他にも驚きのメニューがたくさんありますが、例えば『つくね』でさえ旨みが凝縮されていて驚きの美味しさでした。

ちなみに、つきだしの『たれ付きキャベツ』も癖になります。

満足のいく美味しい焼き鳥店でした。



食後はとあるお店への誘いを頂戴しまして、『K』から歩いて西方へと向かい、今はなき?『つきじ横町』を通り抜けて『ぶらくり丁』へ。



夜のぶらくり丁は僅かにライトアップされており、こういった古い壁面文字の看板がまだ残っているのを目にしました。

店ひとつひとつの趣向や『時代』というものを感じながらアーケードを歩くと、あっという間に『北ぶらくりちょう』近くにある某バー、『R』に到着しました。


さっそく店へ入ると、店の中全体が黄金の眩い光に包まれており


真っ赤な一枚板のカウンターに軽く肘を付きながら、隣で囁く話に少し聞き耳をたててみると、ここがようやく和歌山であるということに気付きました。

この異空間とも呼べる『まほろばの箱』は


まさしく、美しい猛獣のようでした。。。


2014年3月6日

夜のお散歩(メガリ編)


先日のこと。



およそ二ヶ月間ガレージで冬眠していた




レディを目覚めさせようとしましたが




セルは弱々しく、エンジン掛からず。




。。。( - ω - ;)




どうやらバッテリーがピンチですので




少し時間を置いてから




もう一度エンジン始動




。。。




せず。




以下




同文。




。。。




諦めずにもう一度だけ挑戦!!




すると!!




バッテリー切れ。。。




ドンマイ、ドンマイ




f(゚ー゚;)




ついでに




メーターの数字も消えましたw




最後の手段として。




押し掛けチャレンジ!!




。。。




ここでひとつ思い出します。




そういえば新車購入時より。




私のメガリはギアが入っていると。




クラッチを握っていても伝達が




繋がってしまっておりますw




つまり。




なぜか押し掛け不可能です((・ω・;)))




ギア入力状態でクラッチを握り、




セルをスタートすると




前進してしまいます。
(何故か走行中は支障ありません)




クラッチの遊びも調整しているし




一応、昔からバイクの押し掛け経験は豊富ですが。




そんなのはありえない








思うことが普通に起こるレディです。




仕方がないので。




そのままメガリをガレージへ戻しました。




ちなみにバイク用の小屋は




通称、メガリハウスと呼んでおりますw




その夜。




仕方なくバッテリー充電器を注文。




とりあえずバッテリーを外そうと思ったとき




ふと、




メインキーをON。




セルを回してみるw




「ブルンッ!!」




(・ω・ノ)ノ!!!!




一発始動しました。




そもそもセルを回せるほどにバッテリーが復活?




本当に不思議なバイクです。。。




ここでエンジンを止めると




もう掛からないかもしれないし。




バッテリーが心配ですので。




急遽そのままナイトライダー。。。




走行してバッテリーを充電します。




久しぶりのメガリタイムは




涙がこぼれそうなほどに




コントロールが楽しくて感動しました。




...「MY LIFE」




頭をよぎったのはやはりこの言葉。




走ること。




バイク乗りは




ただ、それだけで十分なのです。。。















おまけ




翌日、注文の品が届きました。


バッテリー充電器。。。f(-  - ;)




本当に欲しいのは。




キックスターターかもですが(笑)




まぁ。。。




ソアラにも使えるので良しとします。。。




2014年3月5日

夜のお散歩


今週の月曜日より『らくらく写真教室』の写真展がNHK和歌山放送局にて開催されておりまして。

初日の展示会終了後に和歌山の某所にあるカフェまでお散歩しました。


この日は夕焼け空が美しく、お月様がキラリ☆

なかなかノスタルジックな雰囲気が漂います。。。



多くの客人で賑わう中、いつものように面白おかしく、でも、ちょっぴり真面目なお話などを楽しみました(笑)


ちなみに。


こちらのカフェにも話題の和歌山本『Fallin’land』が設置されております。


様々なイベントチラシが、場所を奪い合うように置かれている中。

Fallin'landは設置されております。



さて、



どこにあるでしょう?



見つかりましたでしょうか?



答えは




ここ。。。(笑)


まるで、あえて目立たないところへ、高みの見物のように設置されている(している?)ようですが、すでに在庫は僅少でした(・ω・;)


もうないかもしれませんが、見つけたらぜひゲットしてみてくださいませ。。。




2014年3月4日

らくらく写真展はじまる

先日のこと

私が講師を務めております『らくらく写真教室 第8回写真展』がNHK和歌山放送局において開催中です。

教室の生徒さんが一年かけて撮影した写真の中から選りすぐりの作品が合計で28点展示されており、個性豊かな写真展となっております(・ω・)r


ありがたいことに初日にNHKニュースの取材も入りまして、「テレビでみました!」といったお客様も多くいらしていただいております。

 テレビの記者さんから取材も。。。

テレビ放送の詳しい写真は『らくらく写真教室ブログ』でもご紹介しておりますので、ご覧いただけましたら幸いですm(_ _)m


ただいま開催二日目で120名様ほどご来場いただいました。

ちょっぴりホッとしておりますf(・・;)


会場では私のポートフォリオなども展示されておりますので、どうぞお気軽にご来場くださいませm(_ _)m