2014年12月27日

メガリとサイレンサーバンド


しばらく忙しい日々が続きまして。

なんだかんだとプライベートな休日が4週間以上もとれませんでしたので、そろそろ休憩をとってみました。

午前中は仕事、そして午後よりお休みとなりましたが、やることと言いましても長らく放置中の車やバイクの散歩が中心となります。

なんだかもう、世話をしている感覚ですね(笑)

早速乗ってみたソアラは「つなぐだけ」の便利なバッテリー充電器のおかげで(詳しくはこちら)エンジンはあっさりと始動。当然ながら何の故障もありません。

クラシックやジャズを聴きながら田舎道を走っていると心が落ち着きました。

ソアラは相変わらずのおっとり系で手間いらず。

本当にお利口さんですね...(・ω・。)



一方。



ソアラの三倍は「愛」を必要とするレディ。


しばらく前に思い立ってバッテリー充電を決行しましたが、いきなりの満充電であっさりと拒絶されてしまいました。その時はもちろんのこと始動テストはいたしておりませんw


さて、今回は何事も無くエンジンを始動することはできるのでしょうか。。。







ドキドキ♪







...(´∀`;







やっぱり







ドキドキ♪





しながら





いざ、セルスタート!!





チュルン!!




パタパタパタパタ!!!!




間違いなく。



ここ一年で最高の掛かり心地でした。



(⊃∀`* )♪やった



たっぷりと労りながら暖気させてゆくとアイドリングはいつものように1,700回転付近で安定。

指先がフィルターを挟むような鈍い感覚の冬用グローブに慣れるまで少しだけ緊張。二輪の感覚を忘れ始めた我が身ではありましたが、軽量ボディのメガリは軽快に走り出しました。

冬のオートバイは苦手だけれど、心に気合が入ると寒さなんかどこ吹く風。

これぞ「我が人生」とても楽しいです☆

しばらく走っているとエンジンのレスポンスがいつもよりトルクフル(回転がやや重め)、そして振動も大きくてアイドリング中のエンジン回転数が高いことに気づきました。

何故かアイドリングが2,500回転!!

普段より少し野太いのですが、トルクフルなフィーリングが良好ですw

レディも気合が入っておりますw

そうこう不思議に思いながらも小一時間ほどまったりと走りまして、やがて渋滞している道でノロノロしているときに、とあるバイク乗りの親切な方が声をかけてくれました。








親切さん「マフラー...」













親切さん「落ちてますよ...w」



















(´-ω-)...え?


















後ろは見えませんので詳しく尋ねてみました。







私「どんな感じですか?」





私「(メガリは)もともと明後日の方向を向いているマフラーなのですが...」





親切さん「完全に横向いてますw」





私「...ありがとうございますm(_ _;)m」





おそらくは車体を傾ける度に、右へ左へとしっぽのように「フリフリ」していたと思われるレディのサイレンサー(マフラー)でしたが。。。




まぁ、走行中でしたので。





ヽ(*´∀`*)ノ気にしない♪




以前にもこんなことがありましたし(こちら)。




でも





本当は






ヽ(*´∀`*;)ノ気になる!!


といった感じでした。


やっぱり...アイドリングがおかしいと思っていたのが的中したようです(笑)


やや気にしながら15分ほど走り、やがて安全で広い敷地を見つけて停車させました。。。




矢印部分がサイレンサー。

シートレールからステンレス製?(追記:磁石には反応しませんでした...アルミにしては少し重いし...)のサイレンサーバンドで吊り下げている構造です。

普通なら落ちそうなイメージですが、落下してタイヤに接触しないのは車両のナンバーを支えている「けんちゃん製作(限定品)」のフェンダーレスのおかげです。

金属製の頑丈なフレームのおかげで、びくともせずにサイレンサーを受け止めてくれておりました。

さて、とりあえず落下はしているものの(笑)

サイレンサーが路面に落下していない事実に安心したところで、ふと広い敷地であるここはいったいどこだろうと見渡してみると。。。


矢印部分を拡大。。。


。。。どうやら車検をするところでした

f(-ω-;)タイムリーであります。

もしも車検が必要なバイクだったら通過しないだろうなぁ(250cc以下は車検がありませんw)。。。なんて考えながらメガリ販売店に電話してみます。

すると、どうやら交換用のパーツは年内に入荷できないみたいで年明けになるとのことでした。

残念ですが仕方がありませんね。。。

ちなみに販売店が在庫していた交換用のパーツは、少し前に「け◯ちゃん」がゲットした模様。そういえば、虫の知らせ的にそんなことを耳にしていたような気がします。。。


さて、気を取り直しまして。


車検もしないのに車検場の敷地で補修作業にとりかかりました。


見事に。


ポッキリと折れております。。。

サイレンサーバンドの質感はガッチリとしているので見た目ではパーツが悪いという印象を受けません。

溶接も綺麗。なのにポッキリ。。。

振動なのか、車輪の突き上げによるマッドガードとエキパイの接触なのか。

思い当たる節は数多くありますが原因は不明です。

対策もなされている噂はありますが、根本的な対策とはなっていないご様子でした。

まぁ。

こんな

ことも

あろうかとw

シートの下にはツール類をいつも常備しておりますw
(じつは初めて使いましたw)

サイレンサーバンドを緩め

針金を通し

サイレンサーを持ち上げながら縛りました。

このとき、当然ながらシートレール側にも針金を通します。

とりあえずは応急処置ですので、このままメガリハウスまで戻ります。


無事に車検場を出発(笑)

※聞くところによるとユーザー車検はだれでも簡単にできるとのことですよ。自分で受ければかなり安いようですw




しかし本当に






落とし物に縁のある一日でした。。。















おまけ

メガリ250rに乗っているオーナーでないと分かりづらいと思うのですが、手前の板状のパーツがシートレールに吊り下げる部分です。

断裂面のアップ。

交換用のパーツが入荷するまでの対策として、ホームセンターで購入した板状のプレートで吊り下げました。


サイレンサーバンドの内側に通すのですが、この作業は結構大変です。
ひっぱったり折り曲げたり...一人だと苦労します。

念の為にワイヤー(両端に輪っかの付いたものがホームセンターで安価に入手できます)や針金で補強しておくほうがよろしいかと思われます。


年末にまでドタバタ劇でしたが。。。


これで来年もレディと一緒に仲良く走れますね。


ヾ(*´∀`*)ノ♪やった♡


2014年12月15日

ラスト・デイ


昨日は西山武志写真展『AIR-INISHIE-』の最終日となりまして、和歌山でも朝から雪が舞う今季一番の寒さでした((´・ω・`*))ブルブル...

そんな真冬の展示会でしたが、会場入りしたときにちょうど※メガリ友達が来てくれました。カティスさん(写真左)はなんと京都から。。。

もちろん...メガリで...g(´ω`;)ありがとうございます!!

※メガリ友達=私の所有しているメガリ250rというオートバイに乗っているお友達のこと。


ギャラリー内にあるMsカフェでは、展示作品や(たぶんw)オートバイのお題でみんな楽しそうにお話しをしておりました。

ちなみに、今年もほとんど乗れていない私のメガリ250rは、またもやバッテリーが気になる今日この頃。

せっかくですので、そういった話をしてみたところタンクを外さずにバッテリー充電を行う方法を教わりました。


メガリの燃料タンク下部にある黒いプラ製のサイドカバー(左側)を二つとも外し、その隙間からバッテリーへ接続されている赤色コードの皮膜といいますか、ビニールカバーをめくり、そこへ充電器側の(+)端子を接続、そしてボディアースなるものを取るために、塗装の無いネジやエンジンなどへ(−)端子を接続、そして充電を開始すれば、煩わしいタンクの脱着をしなくてもバッテリーへ電力を供給することができる模様です
↑でもやっぱりここは御都合主義的に削除とします。

なぜならば。。。

※もしもショートすると、重大なトラブルのもとになりますので(燃料タンク付近でもしも火花が飛ぶと嫌ですね...バッテリーそのものも適切な充電をしないと爆発する危険があるかもしれません)バッテリーの充電や交換に自身の無い方は必ずメガリ販売店でご依頼してください。


ちなみに先程挑戦してみましたが。。。


所有している充電器のクリップが大き過ぎて入りませんでした(泣)

...f(´・ω・`;)ションボリ


仕方がありませんので、燃料タンクを外しました。
慣れてしまえば5分でできます。でも面倒。

本来ならオレンジの矢印部分のカバーをめくって、隙間から(+)クリップを挟んで充電する予定だったのであります。

そしていざ、クリップをはさんで充電すると。。。






まさかの







数秒で

















g(´;ω;`)なんで...!!






いつもはバッテリーないやん。





。:゚(。ノω\。)゚・。





ないや〜ん。。。





。。。





さて、話を写真展にもどしまして。



そういった火花が飛ぶような熱いお話を横耳にしている間に。

最終日ということもあってでしょうか、次々とお客様がご来場くださいました。

ギャラリーの方によると今回は女性が多いとのことでしたが、実際にお客様とお話ししていると写真に興味をもっている女性がかなりたくさんいる印象を受けました。

写真という芸術に興味を持たれている人が和歌山でも着実に増えているのかもしれませんね。私は和歌山で『らくらく写真教室』の先生もしているのですが、近年は男性よりも女性のほうが積極的に写真を学びたいという傾向です。

混み合う場面もありまして会場の写真をあまり撮ることができませんでしたが、いつも展示会に来てくれる方やサインを求めてくれるファンの方々と一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

そうこうしているうちに営業時間も延長しました。

会期の後半は写真集もよく出まして。

たまたま運がよかったお客様には会期中に数冊だけ持っていた『fallin'land』を御持ち帰り頂くことになりました(最後に差し上げられなかったお客様ごめんなさい...)。

銀聲舎出版会から発行されている『和歌山市民のための和歌山観光ガイドブックfallin'land』は、いろんなところで噂になっているご様子でして、今回も増刷してほしいというようなご希望を数多く耳にしております。

1,000冊限定ですので極めてレアな和歌山本です。

※ちなみにパソコンのブラウザで当ブログをご覧いただきますと右上に検索窓がございます。そちらでfallin'landと検索頂ければいろいろでてくると思われます。。。


そんなこんなで、今回もご縁の多い不思議な写真展となりましたが、展示会を開催すると本当に様々な人と出会います。

写真作品を通じてお客様それぞれと一期一会の有意義な一時を楽しむことが出来たこと、人生という限られた『時間』の中で、そういった特別な出会いに心から感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて、今年の展示会も全て無事に終えることができて少し安堵することができました。来年は今のところ展示会の予定はございませんので、しばらくは少し気儘に過ごしたいと考えております。

来年はレディにも乗りたいし(●´ω`●)♪

サーキット走行のお誘いも熱烈に受けているので(今のところ参加する意志はありませんが、限られた人数でサーキットコースを貸切にできるような走行会ならあるいは...と、少し前向きに考えておりますw)


2014年12月13日

明日は最終日

先日に引き続きまして、仕事を終えてから足早に会場入りしました。

すると、※メガリ友達の『obiobiさん』がご来場してくださいまして、展示作品の解説をさせていただいた後はオートバイのお話で盛り上がりました(笑)

遠くから来て頂き本当に有り難うございますm(^ω^)m

※メガリ友達=私の所有しているメガリ250rというオートバイに乗っているお友達のこと。


さらに、メガリ友達である『けんちゃん』のお知り合いの方も大阪からご来場くださいました。そして、obiobiさんと一緒にやっぱりオートバイのお話で盛り上がるのでしたw

この日、私が在廊していた時間は短かったのですが、たくさんのお客様が真剣に作品をご覧になられている姿を目にしたのでした。。。

西山武志写真展『AIR-INISHIE-』は明日が最終日となります。
明日14日(日)は11時〜17時までの営業となりますのでご注意ください。

【会 場】Msギャラリー12番丁(エムズギャラリー)和歌山市十二番丁10
     http://www.msg12bancho.com
     https://www.facebook.com/MSGallery12bancho

【西山武志HP】http://www.art-tn.com/event.html

【日 時】2014年12月10日(水)〜14日(日)
     11:00〜19:00(最終日は17時まで)


会場には無料駐車場 もございますが、満車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。

関連記事
アートイベント
写真展はじまります
リビルド





おまけ

展示会場のMsギャラリー内にある『Msカフェ』でコーヒーを注文するとヴァローナのチョコレートが一つ付いて来ます。

ヴァローナは美味...(*´ 人`*)♪


2014年12月12日

写真展もあと少しです

本日はこっそりと写真展会場に入りました...( ’ ω ’ )

会場に入るとじっと作品を見つめているお客様がおりました。美しさを感じるポイントは人の数だけありそうですね。
そんなお客様たちと作品を通じてお話をしてみたりするといろんな接点が生まれます。作者とは全くことなる発想の面白さを見つけてくれたり、一緒に考えてみたりすることもあったりします。


そんなこんなの西山武志写真展『AIR-INISHIE-』は残すところ二日となりました。

明日13日の土曜日は夜7時まで、最終日の14日は夕方5時までとなります。


【会 場】Msギャラリー12番丁(エムズギャラリー)和歌山市十二番丁10
     http://www.msg12bancho.com
     https://www.facebook.com/MSGallery12bancho

【西山武志HP】http://www.art-tn.com/event.html

【日 時】2014年12月10日(水)〜14日(日)
     11:00〜19:00(最終日は17時まで)


会場には無料駐車場 もございますが、満車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。

関連記事
アートイベント
写真展はじまります
リビルド









おまけ


『AIR-INISHIE-』の新作カットは基本的にプロジェクターで展示しておりますが、高精細な写真プリントを収めたファイル等々もご用意しております。。。

写真集もちょこちょこと出るようになりましたが、無料のDMはごっそりと減っております。

残りはあと数枚です(笑)


2014年12月11日

あと三日

本日も写真展の会場に在廊しました(・ω・)

小雨の降る空模様ともありまして、初日と比べると来客は少なめでした。

今回は琵琶湖の空から見た風景を中心とした作品が多いのも特徴で、和歌山にはない未知の光景が見所となっています。

ご来場頂いたお客様の中には、昨年に和歌山で開催した個展に足を運んでくれたお客様もいらっしゃいましたが、初めて 航空美術写真を見に来てくれた方には作品のねらいや撮影場所の解説などもいたしております。

お客様同士の会話を聞いていると「ずっと見ていたい…」、「次も見てみたいです」、「これは凄いなぁ…」などなど『AIR』の新作を楽しんで頂けているご様子でした。

作家としては素直にありがたい気持として受け止めつつ、同時に撮る側としては、まだまだ心に磨きをかけなければいけないという思いなのでした"g(・ω・)

そして残り三日となります。。。


和歌山市の『Msギャラリー12番丁』にて『西山武志写真展AIR-INISHIE-』を12月14日(日)まで開催しております。

【会 場】Msギャラリー12番丁(エムズギャラリー)和歌山市十二番丁10
     http://www.msg12bancho.com
     https://www.facebook.com/MSGallery12bancho

【西山武志HP】http://www.art-tn.com/event.html

【日 時】2014年12月10日(水)〜14日(日)
     11:00〜19:00(最終日は17時まで)


会場には無料駐車場 もございますが、満車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。


関連記事
アートイベント
写真展はじまります
リビルド

2014年12月10日

写真展はじまりました

本日より和歌山市の『Msギャラリー12番丁』にて開催となりました『西山武志写真展AIR-INISHIE-』。

初日ということもありまして、朝から数えて40名ほどのお客様にご来場を頂いております。

航空美術撮影と題したテーマの写真作品をパネルやプロジェクションで展示。さらに、より精細な写真でご覧頂けますように写真集も設置しております。

とくに今回は国際芸術祭BIWAKOビエンナーレに展示していた作品の元となった未公開画像も初公開。滋賀県の琵琶湖を中心とした作品が目白押しです!!

会場には写真に詳しい方から航空美術写真を初めてご覧になられた方など、様々なお客様がいらっしゃいましたので、小まめに作品の解説をさせていただいております。

そして 夕方には新聞社の取材も入るなど慌ただしい一日となりました(・ω・;)//


西山武志写真展AIR-INISHIE-』は 12月14日(日)まで開催中!!
入場も無料ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。


【会 場】Msギャラリー12番丁(エムズギャラリー)
和歌山市十二番丁10
     http://www.msg12bancho.com
     https://www.facebook.com/MSGallery12bancho

【西山武志HP】http://www.art-tn.com/event.html

【日 時】2014年12月10日(水)〜14日(日)
     11:00〜19:00(最終日は17時まで)

会場には無料駐車場 もございますが、満車の場合はお近くのコインパーキングをご利用ください。

関連記事




おまけ

メガリ250r仲間の「けんちゃん」と「itouさん」から美しいお花も頂戴しております。
いつもありがとうございますm(・ω・)m✨

他にもプレゼントなどもたくさん頂いております。
心より感謝を申し上げます。

2014年12月9日

リビルド


今日。

明日から和歌山市の『Msギャラリー12番丁』で開催となります『西山武志写真展AIR-INISHIE-』の搬入作業を致しまして。

折節に会話を弾ませつつ、ギャラリストさんやアシスタントさんにお手伝いを頂きながら丁寧にセッティングしました。

展示作業というのは地味ではありますが、簡単なようでとても奥深いものです。突き詰めれば1ミリ単位の調節 が見た時の印象を左右する場合もあります。
そんな感じですので、昼なかからコツコツと作業をはじめていると気がつけば日暮れがたになっておりました。

太陽の光線が弱まると、展示場は照明の光だけで作品を浮き上がらせる時間に変化します。 すると、私の作品は黒色の中でこそ輝きを放つものが多いこともあって、暗がりのほうが美しく栄えるようでした。

つまり夕方ごろがおすすめの観賞タイムですw

ということで、明日からの写真展も頑張りたいと思います(・ω・)o"


関連記事


2014年12月8日

写真展はじまります


12月に入りまして和歌山も随分と寒くなってきました。。。

ともありまして、明後日の10日(水)より和歌山市の『Msギャラリー12番丁』さんで西山武志写真展『AIR-INISHIE-』が始まります。

ということもありますので、通常業務と掛け持ちしているために多忙です

f(・ω・;) つ

ちなみに今回は和歌山での開催ですからできるだけ小まめに在廊したいと考えております(仕事次第ですが...)。

写真展は無料でご覧いただけますので、お気軽にお越し下さいませ。

※個展の詳しい情報はこちらにも載せております。


ちなみに写真展『AIR-INISHIE』-はニュース和歌山さんにも掲載頂いておりますm(_ _)m

記事はこちら
http://www.nwn.jp/event/bunrui/20141206/tenran/nisiyama.html

ニュース和歌山
http://www.nwn.jp


2014年11月26日

レディの時間



ちょっと寂しいのですが今月は 1度だけレディに乗ることができました。

ほんの1時間ほどの乗車でしたがやはり「楽しい」の一言です。

レディは排気量が小さいので絶対的な力は言うに及ばずですが 、軽さという美点が弱点を十分に補ってくれるので単気筒独特の生き生きとした走りが快感です。ライダーのスロットルオンとオフに対するトラクションのダイレクト感が小気味よいですね。

当日はちょうどソアラに乗った直後だったのですが、レディの小さなエンジンに乗り換えても公道におけるスポーツランを楽しむ分には何も不自由さを感じませんでした。
急な下りの難しいタイトターンも安全に 臆すること無く旋回してくれます。

いつもながら比較対象としては全くの別物ですが、走りを楽しむ上では、むしろ圧倒的に面白いと思います。ですのでソアラに乗った直後の方がその反動で、より走りが面白くなるのでした(笑)

メガリ250rに乗っていると『性能』というものに対する考えそのものが、あまり意味をなしません。もし、これがレース車両であればきっと性能こそが全てですが、公道でワインディングを楽しく走る分には力が全てではないということを証明してくれます(※長距離クルージングは排気量の大きなオートバイが絶対ラクですよw)。

スペックという性能諸元的なものに拘っていた若き頃が懐かしく感じるほどに、レディに乗ることでライダーの本分をいつも理解させてくれるのでした。

調子に乗ってしまう前に優れた走りの何たるかを手ほどきしてくれる。

レディは本当に優れた教師なのです。

2014年11月21日

アートイベント


少し前のこと。

急遽、和歌山で企画展のご依頼がありまして。

もしかしたら、当ブログをパソコンのブラウザでご覧になられている方はサイドバーにあります『イベントのご案内』を見て、既にお気づきの方もいらっしゃると思われます。

展示会の内容は国際芸術祭BIWAKOビエンナーレで展示された『AIR-INISHIE(こちらこちらなどをご参照下さい』の元となった画像を公開することをテーマとしております。

BIWAKOビエンナーレでは、琵琶湖の上空から撮影された航空美術写真の一片を展示会場にある様々な古道具と結びづける形で表現しましたが、今回はそのオリジナル画像にプラスして使用されなかった未公開画像もご覧いただけます。

さらに2013年に開催されました写真展『AIR』の作品も一部を蔵出し(予定)です。

もちろん入場は無料ですので、お気軽にお越し下さいませ。

展示会場等の詳細は以下となります。

【テーマ】AIR-INISHIE-

【作 家】写真家 西山武志

【会 場】Msギャラリー12番丁(エムズギャラリー)
     和歌山市十二番丁10
     http://www.msg12bancho.com
     https://www.facebook.com/MSGallery12bancho

【日 時】2014年12月10日(水)〜14日(日)
     11:00〜19:00(最終日は17時まで)








ちなみにちなみに|ω -)チラ...


お話は変わりますが、大阪の貝塚市において『貝塚まちなかアートミュージアム』というイベントが本日21日から30日まで(26日はお休み)開催される模様です。

URL http://fallinland.jp/kaizuka/

和歌山近郊ではめずらしいアートイベントですので、カメラ片手に秋の深まった水間街道を散策されてみてはいかがでしょうか。聞くところによるとアート作品の写真撮影はOKとのことです。

※画像はHPより引用。赤色枠の部分が展示半 範囲です。


そしてもうひとつ。


今年も『ミズナリエリンク先記事の後半部分にあります』が開催されているみたいですよ♪


2014年11月16日

電熱グローブの故障

  有終の美をiPhoneで撮影。

11月も中頃を過ぎてますます寒くなってきました。

秋は仕事が忙しいのでバイクに乗れないものの、この季節になるとオートバイ乗りとしては冬装備が気になりだします。

ということで凍える指先を守るために『電熱グローブ』を使いはじめるのですが、実は一カ月ほど前に点検しましたところ(笑)ちょうど3年ほどを迎えるRSタイチの『電熱グローブ RST589』が故障しておりました。

トラブルは右手グローブに発生しまして。。

親指と人差し指のあたりは暖かくなるのですが、それ以外の部分は冷たいままで熱が入らなくなりました。


...あれ?( - ω - *)...ちめたい


もともとがバッテリーによる発熱を可能としたコードレスグローブとしては最初の製品ということもあり、実験的要素も多分に含まれるカテゴリーであると思われます。ですので、保証期間も2年間という手厚いメーカー保証が付加されておりました。

ちなみに使用頻度は数十回程度、バッテリーの重放電はおよそ20回〜30回くらいだと思われます。

はたして虫の知らせだったのか。

今は昨年に購入したコミネ製の電熱グローブ「GK-777 エレクトリックヒートグローブ キケロ」を主力としておりまして、『電熱グローブ RST589』はサブとして使用しております。
ですので、すぐさま新しいものは必要ではないのですが、左グローブはまだ正常に機能していることもあり、一応『電熱グローブ RST589』の修理についてRSタイチのサポートに問い合わせと調査依頼をしてみました。

すると、やはり断線しているらしく 修理は困難のご様子で「現行製品を値引でご対応します」というお返事を頂戴いたしました。

...( - ω - *)...ですよね〜w

おそらく、電熱グローブを分解して修理というのは、電熱ユニットや透湿フィルムをグローブ内にインサートしている構造上、現実的には縫製を解いてまでの修理は難しいものと思われます。

RSタイチのサポートセンターの対応は丁寧でしたし、ユーザー側にもコスト的にメリットのある条件でした。無論のこと、故障や使用条件によって、すべてが同じような条件となるのかどうかはわかりませんが、とても親切であると思いました。

私の場合は既にコミネ製の電熱グローブがありますので、別品の購入に際しては丁重にお断りのお返事をさせていただきましたが、故障修理でどうしようか悩んでしまった場合は買い換え条件として、一つの選択肢になるのかもしれません。


電熱グローブデビューからまる3年目となりましたが。

電熱を常時使用せず、朝夕の寒さが厳しい場面を重点的に利用するようなツーリングであれば内蔵型バッテーリーだけでもツーリングを楽しむことができます。別途、予備バッテリーがあるとよいのですが、月に数回の使用頻度だともったいないかもしれませんね(バッテリーの保管やヘタることを考慮すると)。

電熱を一日中利用したい場合は、オートバイの本体からケーブルで電力を供給する方法が有効です(各社からオプション品が用意されております)。有線は少し煩わしくなる部分もあるかもしれませんが、冬のツーリング用途ではベストでしょう。

どちらにせよ、冬のツーリングが大きく変わるアイテムとしては間違いないと思いますd(・ω・)











おまけ

 シーズン外のバッテリー保管は満充電をさけましょう...

『電熱グローブRST589』は冬の主戦力から退きますが、本体そのものは綺麗な状態ですので、秋や春用の予備グローブに しようと思います。そもそも内側の生地は発熱素材ですから、一応は普通のウィンターグローブなのであります。。。