2013年4月26日

メガリ250rの倒立フォーク(取付編)


少し前のこと

メガリ250rのフロントフォーク(路面からの振動を吸収するダンパー)を標準仕様の正立フォーク(せいりつふぉーく)から純正オプションの倒立フォーク(とうりつふぉーく)というものに換装いたしました。

どうやら、お世話になっているメガリ販売店では、私が初めて購入したユーザーのようです。。。

ちなみに今回の作業では、同時に前後のタイヤをハイグリップタイヤ「IRC RX-01 SPEC R」に交換しております。




まず、フロントサスペンションの働きとして、路面からの入力(振動)をダンパーがストロークすることで吸収し、車体の動きを常に安定させるためのとても重要な役割をします。

もしも、サスペンションがなかったら、路面のデコボコによる振動がダイレクトに車体に伝わるので、速度域の高い乗り物では車体が飛び跳ねたりして大変危険です。

つまり、サスペンションストロークによって車輪が上下に働くことで、デコボコな路面もしなやかにトレースしてくれるのです。

次に標準仕様の正立フォークはダンパーのアウターチューブ(太い筒の部分)が下側にあるのですが、新たに取り付けた倒立フォークというのは、正立フォークと真逆のレイアウトになり、アウターチューブの上下が逆さまに取り付けられたものとなります(上の写真も参照)。

横から見た違いはこんな感じ↓



全然ちがうでしょう?

さらに付加価値的なものとして、倒立フォークのメカニカル的で美しいデザインはライダーにとっては美貌の的となります。

たぶん。。。f(・ω・;)


フォークの部分を拡大すると


太い筒がで細い筒が(正立フォーク)

太い筒がで細い筒が(倒立フォーク)

ややこしくてごめんなさいですが

なんとなくご理解いただけましたでしょうか。




ここで問題となるのが



興味の無い方には上下が逆ということで



だからなんなのでしょう?





本当にごもっともです...





私も詳しくわからないでのですが、聞くところによると倒立フォークには

・美しいデザイン
・剛性アップ
・バネ下重量の軽減

というアピールポイントがあるようです。

でも、ゆっくりと普通に街中を走行するにおきましては「美しいデザイン」がほとんどを占めていると思われます。

基本的にバイク乗りという性分は愛車を自分好みにしたい、かつ、乗る人も自尊心の塊だと思われますので、自己満足だけでも十分に幸せを満喫できる不思議な生き物なのです(たぶん)。


そしてメガリの場合。

そのための費用は84,000円(工賃別途、数万円が必要)

倒立のカラーは赤とシャンパンゴールドの2色から選択が可能です。

私のメガリ250rは車体カラーが赤ですので、差し色に期待してシャンパンゴールドを選びました。ただし、このシャンパンゴールドはどちらかといえばシルバー色ですので、「やっぱり倒立はゴールド色だね!」と期待すると少しイメージと異なります。

でもね。

地味なぶんね。。。

シャンパンゴールドは上品な大人の雰囲気が漂っているし、メカチックな感じがするので私は満足しております。飽きることもなさそうだし。

この倒立フォーク。バイクを趣味としない方からすれば、安いものではないように感じられると思います。しかし、一般的に倒立フォークというものは、モノによっては数十万円という高価なパーツですので、その点からするとメガリ250rの倒立フォークはかなりお買い得な部類だと思います。

もちろん。

お約束として、パーツには小傷があったり仕上げの荒さもけっこう目立ちますが、2メートルくらい離れて見れば意外と高級感も見いだせます。

倒立フォークのお勉強用教材として1本(2本ですが)いかがでしょうか(笑)



それでは。


東大阪にあるいつものメガリ販売店で行われた交換作業をご紹介いたします。


※全ての行程を撮影しているわけではありませんし、完全に正しいかどうかも保証出来ませんので予めご承知おきくださいませ。



メガリ250rを用意します。


各カウル、フロントフェンダー等を取り外します。


スロットルやハンドル、トップブリッジ等も取り外します。


ときにはペアで作業します。


さらにフロントタイヤも取り外しまして。


さしずめメガリの解体ショー。。。


倒立キットのパーツはだいたいこんな感じ。

もちろんダンパーは左右で2本分含まれています。

貼られていた謎のドクロ調ステッカーは、私の趣味ではないので剥がしました(簡単に剥がせます)。

元のネジ等を流用しますので外したボルトやステムまわりのベアリング玉も捨てずに保管してください。(個人的には、ボルト全てとステムの交換用受け皿(下側)や新しいベアリング玉を全数分+αもセットに入っているほうが親切かと思いました。もしくは注意書きがあるとメカさんも安心して作業できます)。

万一紛失したりすると作業中断となりますし。。。気分的にも新しいものがあるとスッキリします。

あと、取説がなくてもプロなら大丈夫だとは思いますが、フェンダーの立て付け不良などの問題があるので注意点だけでも記しておいたほうが良いのかもしれません。

※生産ロットによって多少の仕様変更があるかもしれません。ご了承ください。


ステムの上部。グリスの汚れで真っ黒でした。

ベアリング玉は取り出して保管。



上の写真にある樹脂製のわっかは、通常は入っていないそうです。

せっかくなので再利用しましたが(笑)。。。


ステム下部のベアリング玉も保管。


きちゃない。。。

キットには全数分の新しいベアリング玉が付属されていなかったので洗浄して使います。


少し傷はありますが、灯油やガソリン等で洗浄すればここまでは綺麗になります。

※これを再使用します。


ステム上部の古い受け皿を取り外してから、新しい受け皿を打ち込みます。

そしてグリスアップ。


キットに同梱されている新しいベアリング玉をグリスアップして並べていきます。

足りない場合はもとのベアリング玉を使います。


そしてキットに含まれている二重のフタをします。


こちらにもベアリング玉を全数ぶん取付けます。


名称不明、ダンパーを保持するパーツ。。。


当然ながら穴の大きさが違います。


前項のパーツを下から差し入れて、新しいトップブリッジと結合。


ハンドルを取り付ける部品を差し込み、ダンパー類を組む。

スロットル、レバー、スイッチ等、どんどん取り付けます。。。


ああ。。。カッコいい。。。


カッコいい〜!!
(トップブリッジまわりも専用パーツ)


カッコいい〜!!!!


取り乱しました。。。(。-_-。)


ちなみにノーマルのトップブリッジまわりはこんな感じ。

シンプルです。



しかし、喜びも束の間。。。

ダンパーを上下運動させるとアウターケースがフロントフェンダーに干渉して「シャー...」という嫌な音を発します。

私の車両ではFフェンダー右外側、さらにアウターチューブの両内側が接触します。

メガリ250rは立て付けが悪いこともあり、いわゆる「ポン付け」はなかなかできません。

みんなご承知だと思いますが、車両ごとに調整が必要のようです。



フェンダー外側の干渉は倒立フォーク専用のフェンダーでもないかぎり、抜本的な解決は困難な様子だったので、とりあえずステーなどにワッシャーを挟んで対処しました(テンションが高くなるのでフェンダーが割れないか心配)。


フェンダー内側も完全に接触しております。

ここもストロークすると擦ります。


仕方なく、このぶぶんをカット。。。


純正パーツなのに。

カスタムパーツになってしまいました。。。


もう一点気になるのは、正立フォークにはブレーキホースやスピードメーターセンサーの配線を固定するビス穴がありましたが倒立にはありません。。。

ブラブラしているのも気になるし、ここはよく可動する部分なので、万一タイヤと接触することを想像すると少し怖いです。。。

今後の対処を検討しようと思います(この日は対処するにも時間的に限界でした)。

まぁ。。。

たぶん大丈夫だとは思いますけれど。


ここで追記

前述の件ですが、私の倒立フォークキットにはホース類を束ねるガイドは1つしか付属されてなかったのですが、後日に「メガリ250r SE(倒立フォーク標準搭載)」の車両を拝見したところ、ガイドが2カ所で固定されていることを確認しました↓


 ※メガリ250r SEの倒立フォークを上から見た写真

本来はこのように2カ所で束ねるものと思われますので、ホース類の懸念はなくなりました。部品を手配中ですので、私の倒立フォークにも機会を見て取り付けていただこうと思います。。。




とにもかくにも倒立フォーク仕様が完成しました。

写真で見ると、いとも簡単にできそうな作業ですが、実際の作業はメガリを何度も組み直した経験がないと多くの時間を要します。担当者が倒立フォークの取付けを初めて作業する場合は、朝預けて夕方に引き取る感じになるかもしれません。

じっくり作業するためには、お泊りがよろしいかと思われます。



しかしなんだろう。。。



このレーシー感。



レディがますます素敵になって



またまた惚れ直しました(。・_・。)



今後の記事として。

正立フォークと比較して感じことを少し記してみようと思います。

まだ、ほんの少ししか走行しておりませんが、なにかと体感はできましたので、倒立フォークが気になっている方の背中を後押ししたり、あるいは引き戻したりしてみます(笑)


2013年4月18日

メガリのタイヤ交換

今日。

心の大らかな人柄でとても優しい。

私が尊敬していた方と今生のお別れをしてまいりました。

つい数ヶ月前までは、いつもと変わりのない元気なお姿でしたが、患っていた度重なる病のために悲しい結果となってしまいました。

そのお方はいつも前向きで笑顔。

多くの方に愛されていた姿が今も目に焼き付いております。

現代においては、まだまだお若いご年齢でしたが本当に残念でなりません。

仕方が無いことへの理不尽さと、同時に命の大切さも身にしみます。。。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。




話は変わりまして。


去年の秋頃。


メガリ250rの走行距離が6,000㎞を超えはじめたあたりからフロントタイヤの両端にスリップサインが顔を出しはじめました。

※スリップサイン=タイヤの摩耗限界を知らせるための印。

 走行距離6,500㎞時のフロントタイヤ。

私は公道を楽しむライダーですので速さは全く求めませんが、一応ダウンヒラーということもあってフロントタイヤにはそれなりの負荷をかけてしまいます。

走行9,000㎞超えである現状でもフロントタイヤのセンター付近は数ミリほど残っていますが、さすがにサイド付近はツルツルなので、そろそろ交換時期となりました。

ちなみにリアタイヤは、まだ数千㎞はもちそうですが、ハンドリングに影響がでると嫌なので一緒に交換します。

検討していたタイヤは標準装着のバイアスタイヤである「IRC RX-01」もしくはそのハイグリップ仕様の「IRC RX-01 SPEC R」、RX-01の進化型である「IRC RX-02」、さらにラジアルタイヤ「ピレリ ディアブロ ロッソ2」です。

個人的には純正装着のRX-01はハンドリングが軽快で、スポーツ走行時のグリップ力も不満は無く、耐摩耗性も抜群。その上、スライドコントロールも良好といった万能タイヤでした。しかも安価です。

雨天走行時のコントロールだけは若干ナーバスですが、なんでもこなせる「総合力」という点においては素晴らしいタイヤということもあり、私が公道で走る分には全く不満はありませんでした。

ちなみに本命だったRX-02は、実物のトレッドパターンを目にしたときから、どうしても形状を受け入れることができずに残念しました。。。

ということで、ピレリ ディアブロ ロッソ2に挑戦しようと考えましたが、いつもの販売店で前後タイヤの見積もりをお願いしてみたところ、もうちょっとでメガリ250rの倒立フォークが購入できそうなくらいの金額だったのであえなく撃沈(;  ;)




でもネットでタイヤを安く購入して持ち込むのも、なんだか申し訳ない気持ちだし。







少し悩んでから。







倒立フォークを注文しました。







倒立フォークを注文しました。。。






アレ(・-・;)?






その場の勢いって凄いなぁ。。。





ちなみに、1年以上も標準仕様の正立フォークで走行してきましたが、公道でスポーツを普通に楽しむ分には何も問題なかったし、正立フォークは扱いやすくて楽しかったです。


はたして倒立はどうでしょうか、いろんな意味でワクワクします。。。


と考えつつ、忘れないうちに本題のタイヤも注文。


ただしお財布と相談の上、銘柄はハイグリップの「IRC RX-01 SPEC R」にしました。


そういったことを。


大好きな「たい焼き」を想像しながら考えておりました。


駄洒落にもなりませんけど。


 諸々込みで、たい焼き換算1,470個分の投資。。。

あんこはもとい、カスタードたい焼きも外せませんが本命はチョコ。

私にとって秋から春にかけてはポテチと並ぶ好物なのです。。。(笑)


2013年4月14日

お食事会など

春も慌ただしい日々を送っています。


先日のこと。

3月に開催された写真教室の写真展の打ち上げを兼ねて、お昼のお食事会に参加いたしました。

場所は和歌山の「銀平 駅前店」さん。

こちらは以前、銀聲舎の松尾プロデューサーからご紹介をいただいた、お魚料理が美味しいお店です。

立地も和歌山駅の前で便利。ランチならお手頃な価格で本格的な味を楽しむことができます。それに個室を利用した宴会等にも最適(もちろん夜もおすすめ)。

 ランチの海鮮丼と天ぷらのセット。味も値段も満足◎

ただし、お店は混み合っているので予約はお早めがよろしいかと思います。。。


普段はほとんど飲まないお酒もいただきまして。

かわいい生徒さんたちと会話を楽しみながら交流を深めました。



お食事会のあとにはカラオケ大会。

学生気分でわいわい楽しみながらお酒をチビチビ。

でも私はアルコールに弱いのでフラフラ(笑)

夕方まで各々が好きな歌を楽しみました。

そして、ここで面白かったのが。


ミラーボールの光。

キラキラと光り輝く様子を見ていると、まるで宇宙空間にいるような錯覚に陥ります。

これはなかなかの癒し系アイテムでした。

家庭用のプラネタリウムみたいな感じだったので、ご自宅用に欲しいかも。。。


夜にかけては、最後まで残った生徒さんとスナックで一杯。

年上の生徒さんから、人生についてのお話をきかせていただきました。

こういった機会にお互いのプライベートな話を交わすというのも楽しいし、新たな発見もあります。


締めの一品も生徒さんが某所でご馳走してくれました。

鰻とタレ、それにお吸い物も上品な味付けで美味しかった。

贅沢させていただいて本当に感謝ですm(_ _)m

働かざるもの食うべからず的に、今後も自分に出来ることを精一杯頑張らねばと思いました。


そして昨日の朝。

淡路島を震源とした強い揺れを和歌山でも感じました。

日本各地では今も地震が続いていて、みんなが同じように「見えない恐怖」を感じているんじゃないかと思います。こういうことがあるたびに、普通に暮らせることが如何に幸せであるかを実感させられます。。。


2013年4月7日

メガリと突然ツーリング

 テスターのけんちゃんが私のメガリ250rに初試乗!!


少し前のこと。

けんちゃんから突然ツーリングのお誘いがありました。

しかし、その日は撮影の仕事があるのでどうしようかと悶々と考えながら。。。実は朝から準備万端w

やや急ぎでのペースでお仕事をこなしました(もちろんきちんと撮りました)。

そして、仲間との待ち合わせ場所である高野龍神スカイラインまで安全運転でひたすら走って合流!!

到着が遅くなったても、待っていてくれた仲間に大感謝ですf(。-_-。)


 高野山の奥の院で美味しいオムライスを食べたそうです。。。羨ましい。。。

なんとなくドラゴン◯ールっぽいポーズできめてくれる愉快なお友達ですが。

みんな優しくて。

とにかくいい人たちです。

到着してからはメガリ話で面白おかしく盛り上がりw

けんちゃんが私のメガリに試乗もしてくれました。



なかなかシブい感じでカッコいい。。。


と思ったら。。。




すごく嬉しそうな笑顔(笑)

赤メガリもよくお似合いだと思いました。


気になる試乗の感想は。





「よくわからない」。。。





「違いがよくわからない」



でもそれは



きっといいことです。




以上です(笑)


 同じように見えてもどこか違う、ハンドメイド的な個体差が素敵です(笑)

メガリ250rはハンドメイド的な車両ということもあり、またがるだけでそれぞれの個体差がはっきりとわかる不思議なバイクなのですがw

走行中のフィーリングには、大きな違いはないのかもしれませんね。

でも、けんちゃんの車両はフロントが固く感じるということなので、何か個体差があるのかな、なんて考えてしまいます。。。


そして、私の車両は大変恐縮ながら一足早く改善作業を完了しておりまして、けんちゃんとエンジンの始動性などについてもお話をしましたが、オートデコンプも正常に機能しているようで今のところは問題はないと思われます。

エンジン自体はやはり丈夫であるのか、やさしくもきっちりと11,000rpmの赤領域まで回している当車両はいたって快調です(※高回転を多用すると当然ながら寿命自体は縮まるので完全に自己責任です)。もちろん、わずかな冷却水漏れは続いています(ほとんど問題ないレベル)。

新しいECUについては、しばらくハンチングをくり返しながら回転が安定する傾向(最近はECUがハンチングに対して少し学習してきたかも)で、エンストもせず、アイドリング付近もまったり穏やか。

走行距離もだいぶ増したせいか、エンジンも安定しているようだし、走行中の排気音も味のある乾いた音を発します。

何よりも。

始動性が良くなり、エンストもしない(※あくまでも私の車両)。


これだけで(これが大変なのですが)納車直後の頃とは、全くの別物と言えるくらいに気を使わない乗り物になっていると思います。

ポート研磨(有料)に関しては吹き上がりが良くなって気持のよいフィーリングですが、7,000rpm付近(まだほとんど乗っていないのでデータ不足)にてわずかな谷を感じることがあります(気のせいならごめんなさい)。

それに6,000rpm付近から「フワ〜」と軽く回りながら伸びるので、高回転が詰まり気味のノーマル車よりもトルクが若干薄いような錯覚があります。あくまでも錯覚だと思われます。

けれど、ポート研磨後のほうがフィーリングがレーシングな感じでかなりお気に入り☆

ポート研磨はパワーバンドをシフトさせるわけではないので、街中で乗りづらくなるというようなデメリットも一切なく、走りそのものは全く気を使いません。。。


そんなこんなを考えながら走りまして、一行は高野山を下山しました。


そして帰り際。




ガソリンスタンドにて。


仲間と別れるとき。。。


バイバイ。。。

ヾ(;ω;)

。。。

。。。

。。。


ん?






あれっ(OoO;)!?


白メガリが2台!?




目を疑いました。。。




今日はけんちゃんの白メガリ1台だけのはず。




念のため拡大してみます。






やっぱり。。。


間違いありません。


仲間達もニンマリ笑顔で


バイバイ中止(笑)



和歌山で遭遇したのは限定らしき赤フレームの白メガリ。


メガリって不思議な引力があるようです。。。


さっそく、けんちゃんがノリノリでお声がけをしてくれまして。


限定さんを仲間に引き入れた模様。

すごい才能だと思いますw




美しくてついつい撮りたくなる。

白いボディと赤いフレーム。

限定モデルのメガリ250r。

LIMITED EDITION」の専用ステッカーが眩しい。

こちらも。

「FIRST EDITION」ステッカーを貼りたくなります。

いやむしろ。

「SHOKI ROTTO」がいいのかな(笑)

ちなみに。

オーナーさんは当ブログも拝読してくれている和歌山在住の紳士な方でした。


桜も満開で。

二度目の春を迎えたメガリ250r。

そろそろ熟成の走りを楽しませてくれそうです。。。




おまけ


タンクにあるキーシリンダーのカバー?のゴムモールが変更されています。



私のはゴムモールがしょっちゅう両端から剥がれます。。。w




そしてそして。


ここまで読んでくれました愛のあるメガリストさんへ。



今月、我らがリーダーこと「けんちゃん」が企画するメガリツーリングがございます!!


福井県の名田庄村まで走る日帰りメガリツーリングの目指す先は、名田庄村にある美味しいお蕎麦を楽しむそうです。

催行日は4月27日(土)となります。

春になり気温も暖かく、日も長くなってきましたし。

メガリスト限定のツーリングに

「参加してみたい」

という方は、私のメールアドレスまで「名田庄村ツーリング参加希望」とご一報くださいませ。

後ほど私から主催の「けんちゃん」をご紹介させていただきます。


ゆっくり安全運転のツーリングですので。

どうぞお気軽にご参加くださいm(_ _)m

宛先はこちら「art_tn1@yahoo.co.jp」まで

※メールの返信には数日かかる場合がありますので、予めご了承くださいませ。。。