2013年10月9日

天空の眼 第3話

本日、ニュース和歌山にて連載中の「天空の眼」第3話が掲載されました。

今回は和歌山市に所在する旧西本組本社ビルを上空のセスナ機から撮影した作品です。このビルの昔、そして今を伝えます。

それでは早速ご覧下さいませ。




vol.3 旧西本組本社ビル(和歌山市) 連載リスト

南海和歌山市駅からほど近い位置にある旧西本組本社ビル。黄色いレンガが美しい3階建てのクラシックビルは、最近の調査で大正末期に建てられたことが判明しました。建物の美しさもさることながら、このビルで企画される数多くの文化芸術の催しは、和歌山に住むわたくしたちはもちろん、全国のクラシックビル愛好者のあいだで話題となっており、ヨーロッパでもなくアジアでもない、そう、ここ和歌山にしかない独特な存在感を放っています。

タイトル「Onomachi」(部分)

撮影:西山武志 文:松尾寛(銀聲舎)

西山武志…写真家。1978年和歌山生まれ。大阪芸術大学大学院修了。キヤノン・デジタル・クリエーターズ・コンテストで「Gold Award」受賞。上野彦馬賞、フジフォトサロン新人賞など。紀の川市で西山フォトを経営する傍ら、「らくらく写真教室」を主宰。HP(http://www.art-tn.com)

※ニュース和歌山2013年10月9日号掲載


0 件のコメント: