2012年12月31日

そして大晦日

 寒くても朝日を浴びて育ち続けるトマト。こういうのって美しいと思う。


つい最近。

親しき方が重い病に苛まれたとの一報に胸を痛めています。

一日中、何かを求めてみても症状の回復を願う以外には、答えとして心に帰結するものが思い当たりませんでした。

少しでも早い回復をお祈り申し上げます。。。



そして

「光陰矢の如し」

先人の言葉通りに、今年もあと数時間であっという間の一年です。

思い起こすと楽しいことも悲しいことも本当に山あり谷あり。。。

基本的に仕事を中心とした時間がほとんどで休みもなく働き続けましたが、写真や芸術に携わる方々と目的に向けてあきらめずに行動できたことなど、仕事だけではない充実した日々であったと思います。

また、忘れてならないのはリターンライダーになったことでオートバイ関係の方々にもお世話になったことです。

これまでに出会った多くのライダーから笑顔で迎えられたこと、そういったバイクが好きだという人たちのおかげで、改めて人として大切な何かを実感させてくれたように思います。もちろん、小さな当ブログにお言葉をくださった方々も。

きっかけは、やはりメガリ250rのおかげです。

稼働率の問題で一筋縄にはいかないこのバイクですが、現代では貴重ともいえる「ライダーが忘れかけていた本当の走る楽しさ」をしらしめてくれた相棒です。

これからメガリに乗りはじめる人、信頼性の問題で残念ながら仕方なく卒業された方など。

人それぞれに甘くて苦い思い出はあるとは存じますが、「ライダー」として時間を共有できたことに私は嬉しく感じたので皆様には本当に感謝の気持でいっぱいです。

本当に簡単ではございますが、一年間ありがとうございました。

そして来年からも、人生と同期してしまったバイクで走り続けようと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、2013年も皆さまにとって楽しい一年でありますように。。。




2012年12月27日

西山武志 写真展「AIR」のことなど


来年の2月に和歌山で初の個展を開催するに際しまして、当ブログでも少しずつ内容をお知らせいたしておりますが、その概要が徐々にリリースされています。

今回は近代建築の有効活用と地域の文化力向上を目指されているNPO「銀聲舎(ぎんせいしゃ)に多大なご協力をいただきながら企画は進行中ですm(_ _)m

写真展の詳しい解説も銀聲舎のホームページをご覧下さいませ。

ちなみに、銀聲舎の代表世話人であり、私の写真展のプロデューサーである松尾 寛さんは、国際芸術祭「BIWAKOビエンナーレ2012」にて図録制作など諸々のコーディネイトをされている凄い方です。。。

また、新年の最初には写真展のチラシが完成しますので、期間中に開催される各種イベントのスケジュールを当ブログでもご報告させていただきます!!


2012年12月24日

関宿で小旅行

しばらく前のこと。

三重県まで出向く用事がありまして。

古い建物の探検中に外から差し込んだ光を利用して若作りな記念写真など(笑)


せっかくなので関宿(せきじゅく)で散歩をしました。


関宿は東海道五十三次の宿場町だけあって歴史の面影が色濃く残る町並み。

こういった風景がおよそ1.8㎞ほど続きます。。。



静かな景色の通りをしばらく歩くとテレビで見かけた旅人宿「石垣屋」を発見しました。



なかなか遊び心のある古民家。



雰囲気もいいし、ライダーハウスとして利用するのもアリでしょうか。。。

そしてお向かいには。



創業約370年、深川屋 陸奥大豫。

銘菓「関の戸」をお土産にゲット。



現代でも通じる上品なお菓子でした。




さらに通りを歩き進むと、突然にお店のおじさんから声をかけられまして。

。。。( ・ ω ・ ;)!!

と思いつつ。。。

かくかくしかじかで「マサラ・チャイ」なるものを購入することに。

手書きの看板には400杯分とありますが、実際は1カップ分で15g(粉末)なのでどう考えても40杯分です。。。しかもスプーンで10秒混ぜるだけで完成。

しかし、自宅で飲んでみたらお湯を注ぐだけの手軽さと、ほどよくシナモンの香りが利いた味付けにかなり満足してしまいました。濃さも好みに調整できます。

関宿とはなんの関係もありあせんが、これは嬉しい発見でした。



まぁ。。。人生というものは失敗無くして成功なし。

時として、あえて罠にかかることも必要です。。。


そして帰り道。



伊賀上野の伊賀肉「もりつぢ」にてお食事。



ランチということで意外に手頃な価格でしたが味はグッジョブ。

お店が近くにないことが残念です。。。


2012年12月19日

写真展の打ち合わせ

和歌山市にございますOnomachi α(オノマチアルファ)において、2013年の2月9日(土)〜24日(日)の期間に私の写真展が開催されます。

そちらの件ついて、先日にプロデューサーやデザイナーと打ち合わせをしました。


その前に。

Onomachi αにてココアを頂きました。

~~旦_(。-_-。)フゥ〜

茶器で召し上がるココアは柔らかい口当たりで美味☆

ここには他にもこだわりのメニューがございます。

ちなみに、Onomachi αは選りすぐりのアート作品やイベントを体感することのできる和歌山でも珍しいスポットですので、ご興味のある方はぜひぜひ訪れてみてください。。。


そして話は戻りまして。


プロデューサーとスケジュールなどを詰めました。

今回は展示期間中もイベントが盛りだくさんの予定です。

写真展のタイトルは見ての通り(*゚.゚)ゞ


反対側ではチラシやDM、図録制作のデザイナーと協議。

私のためにお力添えをしてくれる皆様のご協力で写真展の準備は順調に進行中です。


同時に展示についても協議しました。

Onomachi α 3階の展示会場は一歩足を踏み入れると感じると思いますが、年季の入ったコンクリートに包まれた会場の存在感が大変力強いので、平面の媒体で下手にインスタレーションを構築するよりも空間の存在感に逆らわずシンプルな展示にする方向で確認をしました。


つまり力押しではなく

柔能く剛を制すといいましょうか。

作品と空間をお互いに引き立たせながら

「素の美しさ」を輝かせます。


ちなみに2月10日(日)にはオープニングパーティーを開催!!

どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。。。


2012年12月14日

メガリのヘッドライトラバーキャップ

かなり前のこと。


初期生産型のメガリには色々と気になるところがありまして。

とくに納車時より目についたのが、ヘッドライト裏側のラバーキャップ(フタ)です。

これがよく変色します。

 ※上部の黒いところは拭き取った部分。いったい何回磨いたことだろう。。。

水に触れると茶色に変化する困ったパーツ。。。

もしかしたらこの症状に悩まれているオーナーさんもいらっしゃるかもしれないので、少し書いてみます。

手入れとしては、ポリメイトやアーマオールで磨き上げれば元の姿に戻りますが、結局はすぐに変色ます。しかも、ウエスが茶色く汚れるのはちょっと嫌でした。

そして。

ある機会に新しい車両を見かけたところ、ラバーキャップのゴム質がどうみても私の車両とは違いました。

しかも変色した形跡もないので、思い切って車両のオーナーさんに尋ねると「変色?」という感じでした。

後日、販売店にその旨を相談しまして。


交換してもらうと見事に変色しなくなりました◎
※こちらの写真は私の車両ではありません


ということで。


ここからは交換用パーツが到着したときの様子を少し見てみましょう。


念のために点検してみると片方の交換用のパーツに小さな白い穴が。

めくって拡大すると。。。


。。。!?





石?(・ ω ・;)


軽く触るとポロポロ崩れてきました。。。仕方が無いので、いつもお世話になっている「セメダイン スーパーX」で穴を塞ぐことに。

ゴムパーツから石。。。いったいメガリゴムの製造工程はどんな風景なのだろう。

まぁ。。。夢みたいなことで面白いし。

走りの楽しさも100点だから。

全然OKです。。。




あとは。




再発しました( ' - ' *)


ウォーターシールの裏返しを試してみましたが、またもや水漏れ。

オイルキャッチタンクのオイルにじみも再発の予感です。

その他にも色々とありますが、折れたり劣化したりしていても走行する上で大きく支障のないものばかりなので、とりあえずはこの2点だけ何とかなればスッキリしそう。。。

改善させる方法はありませんでしょうか?

メガリ250rのハンドリングはカミソリ級。エンジンも当初より振動が激減して、気持よく回る素晴らしい乗り物に仕上がっております。


なんとも惜しい。


もとい。


なんとかしたい。。。




そして。




残りの




保証期限は


あと14日(笑)




追 記 2012/12/20

冷却水漏れの件で販売店から連絡を頂戴しました。
情報によるとシールを裏返しにすると冷却水漏れが改善する可能性が高いのは事実のようです。

ということで。

もういちどシールの取り付けに微妙な調整を施す。

もしくはシャフトを交換する。

この方向で、私の車両は近いうちに再チャレンジしてみます。。。


2012年12月11日

メガリの盗難保険など

私のメガリ250rはロードサービスと盗難保険に加入しておりまして。

しばらく前に更新案内が届きました。


開封してみると。。。




ホンマですか...(・□・;)!?


厳しい大人のルール的には額面通りになるとは思えませんが、想像よりも高値で驚きました(笑)

お世話にならないのが一番ですけどね。

ということで、転んだ先のクッションとして次年度分も距離無制限のロードサービスと盗難保険に継続加入しました。


まぁ。。。


初期ロットメガリの場合、本当に加入したいのは車両の延長保証ですけれど(笑)

残念ながら、こちらは選べません。

そういえば。

長い間メガリに乗っていないのですが、仕事や寒気の関係でしばらくは無理かなぁ。

和歌山でも時折雪が舞ってますし( ’  ’ ; )

でも。。。乗りたいなぁ。


2012年12月9日

芸術作品の撮影



しばらく前のこと。

和歌山市にあるOnomachi αに寺田忍さんの芸術作品が展示されておりまして。

展示会に携わる親友より、展示期間中に写真を撮ってほしいと気軽にお声がかかりました。

そして、某日にアーティストの許可を得て作品を撮影。

当日は私の時間の関係でたくさんの撮影はできなかったけれど、アーティストと作品について話をしながら楽しくパチリ☆q(’ ω ’ )

白い包帯に包まれた大きな作品と年代物のコンクリート空間をクールなイメージで写真にしてみました。

ちなみに、寺田さんは何にでも包帯を巻き付けるような作品を制作されており、建物なども丸ごと包帯で巻いてしまう凄い方。。。しかし、実際にお会いすると、ほんのりした優しい方です。

芸術の世界において過去の名作というのは大変素晴らしいものですが、「今」という時間を生きる現代アートの魅力は、直にアーティストと会えるというのも最大のポイントかもしれませんね。

作者の顔が見えるというのもまた、いいものです。。。


2012年12月8日

息抜きに映画鑑賞



ここしばらく。

ハラハラドキドキの仕事が続いたので(まだ続いてます)。

息抜きに映画館へと足を運びました。

ターゲットは上映中の「007スカイフォール」。

今回でシリーズ23作目、50周年記念とのことです。

すごいなぁ。。。(・・;)

まぁ、時間の関係上めっきり映画を見ないのですが、007だけは毎回かかさずに見ておりまして。想像するだけでジェームズ・ボンドのテーマが頭の中を流れます。

まさに男には幾つになってもたまらないヒーロー像がそこにはある。。。

さすがに映画の内容はお話できませんが、仕立て上げられたスーツに身を纏う、いつものスパイヒーローが次々と困難な任務に挑みます!!

上映時間も少しだけ長めだと思うのですが、最初から最後までハラハラドキドキの連続で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

「007」という作品はファンが多いと思うので、作品ごとに嗜好もあると思うのですが、私はあれも「007」これも「007」というふうに今回も楽しめました。

私的にはこれがないと困るので/(  ω  ;)

シリーズ100周年でも続けてほしい大切なエンターテイメント作品です。。。

ちなみに。今回はIMAXデジタルシアターで拝見しましたが、凄く美しい映像と音の大迫力に感嘆しました。自宅のテレビで見るよりも、映画はやっぱり映画館で見るべきですね。劇場もきちんと進化を続けています。


映画館ではこんな写真が撮れるスペースも(笑)

いろんな意味でスリルだし、年甲斐も無く恥ずかしい。

でも、凝り固まった頭は柔らかくなりそうです。。。


2012年12月5日

ソアラのバッテリー交換など

今年はバイク乗りとして復活いたしまして。

その上、普段は別の車を利用することが多いので、月に一度くらいしか乗らなくなってしまった愛車のソアラさん。

ほとんど放置状態だったこともあり、とうとうバッテリーが虫の息...f(・ω・;)

仕方がないので動かなくなる前に交換です。。。


ちなみにUZZ40型ソアラの純正バッテリーはドイツ工業規格のDIN。純正の型番は「56618」という特殊なバッテリー(・_・;)

純正もいいけど、今回は試しに社外品をセレクトです。

Panasonic製の欧州車用カーバッテリー「カオス CAOS WD 品番※75-28H」を購入してきました。

※純正56618の互換品として利用できます。

 名前は混沌としておりますが

 なにやら15%アップ。。。

 インジケーターはやっぱり便利

メーカーの触れ込みは。

「欧州車用カーバッテリー、安心の国産品、業界最高水準の大容量、MFシルバー合金採用で耐熱性、耐久性向上、カーオーディオの音質を向上、安全化技術により破裂事故の不安を軽減、2年または4万Kmの製品保証(どちらか早い方まで)」。

色々と期待してしまいます。

とくにカーオーディオの音質を向上という部分が決め手。

純正オプションのマークレビンソン・プレミアムサウンドシステムは、ほとんど歪みが無い音だからJAZZやクラシックを聴くには最高に耳障りがいいのですが、逆に出来すぎていることもあり、もう少し刺激のあるサウンドを求めておりました。。。


ちなみに実際の車で聴き比べてきた経験上。

マークレビンソン / どこまでもクリアなサウンド。

JBL / ニュートラルで柔らかい音。

BOSE / 元気で弾みがある。

主観ですけど、だいたいこんな感じでした。


 バッテリーは重いです。。。

取り外しはマイナス→プラスの順に外し、取付けはプラス→マイナスの順で作業。
このくらいなら、なんとか自分でも大丈夫(笑)

バッテリー交換後はすこぶる快調。

エンジン始動も一瞬!

そして肝心のオーディオを聴いてみると。

おぉ(・o・;) !!

芯があるというか、よりクリアで生っぽい音質に磨きがかかったような気がします。

音の立体感が確実にUP。

これは断然良くなったと思いました。


ついでにタイヤを点検すると溝は7〜8分山くらい残っていたものの、少しヒビが気になったので念のためにこちらも交換しました。

 タイヤ交換中。。。


タイヤ交換後は乗り心地、転がり、共に大幅UP!

走りが滑らかになりました。

しかし最近、足車であるセイバーのタイヤもパンクついでに交換したりして。

家電の故障症候群のように乗り物関係のメンテナンスが連続しております。



まぁ。。。



レディに比べたらf(・ω ・;)




全然かわいいものですが(笑)

そういえば、そろそろメガリの保険やタイヤなども考えないと。

う〜む。。。



2012年12月2日

秋の京都でフォトレッスン

 京都の真如堂にて。


少し前のこと。

私が和歌山で写真の講師をしているらくらく教室教室のフォトレッスンで京都に出掛けました。

紅葉というと、頭の中でイメージするような素晴らしい色づきの場面に巡り会うのは以外と難しいのですが、今年の京都はとても美しい紅葉で見応えがあったと思います。

先生をしていると自分の撮影時間は短いものですが、見回りの合間などにさりげなく撮影しております。そして、うちの生徒さんはみんな「良き人&尊敬できる人」なので毎回すごく楽しい。。。


それでは早速、真如堂のお写真など。


光に透かされる紅葉。


青空にも栄え。


落ち葉さえ絵になります。


真如堂の秋は美しいですね。

ちなみに午後は伏見稲荷大社にまいりまして。


猫に遭遇。

よく見ると。。。


頭上に紅葉が。

驚きつつも生徒さんと一緒にシャッター切りまくりです。
Σ[ ◎ ] ω’;)!!!!

その帰り道。


秋の夕日もきれいでした。。。



でも、なんとなくね。

こんな景色を見ていると。

この世には美しい人や風景があり。
その一方でズルや醜いものもある。

というようなことを考えてしまいます。

じつのところここしばらく、善良な心を持つ人や落ち度のない人が不条理に遭遇しているのを何度か目や耳にして感慨深い気持になりました。

もうちょっと。

この世の中は善意や努力を高い価値として見いだせる社会に導くべきだと感じます。

無論、動物は弱肉強食が絶対の掟ではありますが、人間には首から上に乗っかっている知性もあるはず。

生きる上で降りかかる火の粉を払いのけるのは当然としても、人としてギリギリ最低限度の規律や秩序を守る意味において、大人たち一人一人の責任は社会にとって重大なのではないでしょうか。

とくに模範となる社会的立場が高い者であるほどに公平無私の精神と物事に対する責任の果たし方が問われるのではないかと感じます。

いろんな無情に「仕方がない」から、何か一歩でも「善処」させる意識を持ち合わせ、それを確実に定着させることが必要なのかもしれません。

残念ながら、その方法はわかりませんが。。。