2012年3月25日

メガリが2000キロを走破!

 2000キロ走破の記念に1枚

メガリの走行距離が2000キロメートルを超え、慣らし走行が完了しました。
当たり前のことだけど、無事に終わって本当に良かった。

おさらいしてみると。。。

まず、メガリ250r(初期ロット)は不確定要素に満ちたバイクだったので、過去に乗り継いできた車やバイクの慣らし走行の中では最も注意を払いました。

走りはじめはリターンライダーである自分の慣らしもあり、急のつく動作は極力さけて走行。単気筒エンジンの振動と圧搾音にも戸惑い、ギアもニュートラルに入りづらいなど、ちょっと驚きの乗り物でした。
ならし当初のエンジンフィールは金属的な多少ガサガサとしたもので、クラッチも今時の250にしてはいささか重く(握力が小さい私でもしばらくすると慣れました)ギアが馴染んでニュートラルに入りやすくなるまでは神経を使いました。

※メガリと他車のクラッチ比較(個人的な体感・比較は全て現行モデル)
CB1100  油圧のためかメガリよりも軽い
CB400    メガリと同等〜少し軽い
CBR250R メガリよりも圧倒的に軽い

エンジンのエンスト症状にも悩まされるなど信頼性にはもどかしい部分も目立ち、エンジン以外ではステムナットの緩みによるブレーキング時の振動なども発生、こちらは単にアセンブリー作業のばらつきが原因ではないかと思われますが。。。

とはいうものの、現状では時々発生するエンスト症状と再発したリアブレーキの鳴き以外はほぼ解決の方向であり、信頼性はさほど気にならないバイクに仕上がりつつあります。

道具としてではなく、趣味としてバイクを楽しみたい私にはトラブルが発生しても一つ一つ解決していく過程が新鮮で、バイクのメカニズムを勉強する機会にもなりました。
何と言ってもメガリは機械的で無機質という現代の乗り物とは対極に位置するマシンで、どこかクラシックなラテン系のエンジンは多少非力ながらも情熱的。
悲しいかな日本車にはないデザインの格好良さも相まって、育てる程にメガリへの愛着度は上昇中です。

ちなみに、四輪の話になりますが、私はソアラ430SCVという愛車を長きにわたり所有しております。こちらは世界のトヨタというだけあって、故障もなく静かでウルトラスムーズな乗り物。モーターのようなV8エンジンは高回転域で美しいビートを感じさせますが、基本的に振動とは無縁で、まさに「静」という言葉が似合います。
しかし、ソアラは移動の手段としては最高のパートナーですが、逆にドライバーの介入できる領域が少なくて物足りなさを感じます。

それと比べるのは変かもしれませんが、メガリはもの凄く「動」で面白い。
エンジンの振動と咆哮がライダーの手中に収めることのできる範疇にあり、車重も軽量でコーナリングは意のまま。まさにバイクとの一体感や走る楽しさを味わうことができています。

どこを見ても今の世界は便利でよく出来たマスプロダツクに溢れており、コモディティ化が著しい時代の中においては、メガリのような乗り物はある意味では貴重かもしれません。。。

話はそれましたが


走行距離1000キロまでのメニュー(私の場合)

・暖機運転は必ず行う
・慣らしの最高回転数(説明書参照)を守る
・エンジンの回転上昇と下降はゆっくりと
・ギアダウン時のエンジンブレーキも緩やかに
・ギアはまんべんなく使い、とくに1速→2速はしっかり入れる
・ブレーキも優しく滑らかに
・できるだけ一般道を走行
・ガソリンはハイオク
・各部を点検するつもりで乗る


走行距離1000キロを超えてからの感想

1000〜2000キロの慣らしでも1000キロまでと同様に慎重な操作を心がけ、エンジン回転数は距離が増すごとに5500rpmから6750最高回転数まで段階的に引き上げてみました(慣らしの後半は高速道路が中心)。

そして印象的だったのは1300キロ程の距離を走行した頃にエンジンのフィーリングがかなり滑らかに変化したこと。

納車時は金属的で刺々しいエンジンフィールでしたが、距離を重ねるうちに「まろやか」になりました。現在は新車のメガリと乗り比べれば誰にでもわかるくらい別物のエンジンとなっています。
もしかしたら最初から添加されていたSUPER ZOILや、初回点検で交換したオイルMOTUL 7100(ナナイチ)の効果かもしれません。。。(とくにオイル交換後は明らかにシフトタッチが向上)

どちらにせよ、可能な限り丁寧に慣らし運転を続けてきた労力が報われたのか、エンジンの振動や回転上昇はかなり優しいものとなり(納車時のメガリと比べて)、シフトフィールも普通のバイクと大差がないものになりました。

慣らしの後半では水漏れのトラブルもありましたが、修理を施してからは問題ありません。

そして先日。

ついに私の車両もアレを交換しました。

はたしてその効果はいかに。。。

2012年3月19日

成人式振袖の展示会

たまには仕事的なことなど。。。

私がカメラマンをしている紀の川市の写真館 西山フォト粉河本店において、本日より4月1日(日)4月11日(水)(ご好評につき展示期間延長&新作振袖がさらに入荷します)まで成人式のお客様向けに振袖レンタルの展示会を開催しております。


じつは、成人式の振袖レンタルや着付け・ヘア・写真撮影のご予約をどうしたらよいか悩まれているお客様が結構いらっしゃるようで、私のお店にもそういった内容のお問い合わせを時折いただきます。

お客様のお話を聞くと、一般的にはお着物を購入しても着る機会が少なく管理も大変、色柄も時代の流行があるのでレンタルはできませんかという内容のご相談が大半です(一応、着物の販売もしています)。

そういったお客様からのご意見により、振袖レンタルから写真撮影まで一度に揃えられる体制を整えながら、今回のような展示会も開催しています。

 スタッフみんなで店内を飾り付け。写真の他にもたくさんの振袖があります。

来年度の着物も色々と頑張ってみたので、振袖のデザインや生地の質感に対し、一般的な相場よりもかなりお求めやすい価格で揃えることができました。

当店の振袖レンタルは一番お求めやすいもので68,000円からとなり、帯や草履バッグに小物といった基本的なものがほとんど含まれているので個人的にはお得感も高いと思います。


ちなみに着付けのできるスタッフも常駐しているのでご試着もOK。着付けは、着物を美しく見せる上でとても大事なポイントであり、お客様が一日中しんどくないように楽に着せるのも重要になります。よく、着物はしんどいという声を耳にしますが、じつは着付けをする人によってだいぶ変わります。。。

そういったスタッフの地味な努力が実ってか、有り難いことに初日から上物の着物をご成約いただきました。
また、成人式撮影のご予約も頂きありがとうございます('-'*)
晴れの姿を残すのは写真館の大切な仕事なので頑張らせて頂きます。


写真は世代を超えて残るものなので、安さだけで選ばずに是非一度、当店へご相談をいただけると嬉しいです。

成人式振袖レンタル・着付け・ヘア・記念写真もどうぞお気軽にお尋ねください。
振袖レンタル展示会は3月19日〜4月1日(日) → 4月11日(水)まで開催しています。

※早期のご成約分で在庫が減少しており、展示期間の延長と別柄の振袖が追加で入荷予定です。(3月22日現在)

振袖・着物 レンタルのお問い合わせは
紀の川市の写真館 西山フォト粉河本店まで

2012年3月14日

寒の戻り


晩冬で幾分暖かい日も増え始めた矢先に寒さがぶり返しています。

 朝方は雪がちらつく日も。。。


冬に体調を崩してから、どうも戻りきらないようで
じつのところ今ひとつ優れません。

肩と首のコリがひどく、今朝からは奥歯の歯茎も痛い。
我慢も限界なので、今晩はサロンパスを登板。。。

やはり、冬というのは生命にとっても体を休ませる季節だと
歳が増してからはしみじみと感じます。

仕事柄、休みも少ないので
せめてバイクに乗れる休日だけは晴れてほしいと

本気でお願い。。。

2012年3月9日

レザー派ライダーの防寒着

先週後半から撮影の仕事が続き、肩コリと頭痛に悩まされています。とりあえずズッキノン軟膏を首にヌリヌリし、眼精疲労は眼科に処方してもらったサンコバ点眼液で治療中。。。

 週に一度はこの格好(近頃はこれとは別のレザージャケットがお気に入りです)


話は変わり

私は超がつくほどの寒がりなので、真冬は外に出るのが苦手。しかし、走って楽しいメガリのおかげで今年の冬は寒くてもバイクに乗っておりました。。。

基本的にオートバイの乗車中は運動量が少なく、冬場は時間の経過とともに体からどんどん熱が奪われてしまいます。とくに格好にこだわらないのであれば、今時のバイク用防寒着には高性能な製品がたくさんあるので、実用的であたたかい新素材ファブリックのライディングウェアなどを選べば快適度は高いと思うのですが。。。

メガリのようなスポーツバイクのデザインに合わせるとなると、ウェアにもちょっとしたこだわりを持ちたいなと考え、私はバイク乗りらしく安全性も高いレザーウェアを全身に纏っています。

しかしながら、格好とは裏腹に冬場のレザーウェアは想像以上に冷えるもので、できるだけ着膨れをせず、いかにしてウェア内に暖かい空気を閉じ込めるかに頭を悩ませておりました。

求めるのはレザーのスタイルを崩さない薄くて暖かい魔法のインナーですが、結局のところ、それはまだ見つかりません。。。


そして、いろいろと試してみたところ


1.革のアウターで風を遮る
SPIDIの革ジャケット(純正ライナーは外しました)
KOMINEの革パンツ(2012年現在はHYODを愛用)

2.ミドルレイヤーはダウンやシンサレートで断熱
ダウンジャケットとダウンパンツ(ユニクロとモンベルを使用中)

3.アンダーは裏起毛で保温
個人的には裏起毛処理された生地で厚手のものがよいと思います。

ちなみに、某ウェブショップで販売されている「遠赤セラミックマイクロファイバー」や「三菱レイヨンルネスα」の生地を使用した製品を試してみましたが、ライダー専用のアンダーウェアよりも安価な上に、けっこう暖かいのでおすすめ。
肌触りも素晴らしくて日常生活にも重宝します。

そして、私のような冷え性には「もちはだホットウェアー」が厳冬期の愛用品です。
特殊なフカフカ裏起毛と、もはやアンダーとは呼べないほどの分厚い生地(タイトなレザーウェア用のアンダーとしてはギリギリの厚み)、かつ安価で入手できる部類では最強かもしれません。ちょっと締め付けがきついのが難点ですが。。。


とはいえ、とりあえずの結論としては断熱効果が大きいミドルウェアのインナーダウンが最も効果的なアイテムだと思いました。

ダウンは体と革の隙間を埋め、風の侵入もストップし、革から伝わる冷えも防止します(ただし革製品がタイトフィッティングのものだとダウンの着用は困難)。
膝カップ入りのレザーパンツも膝が冷たくならず安全にもつながるので一石二鳥。あとはジャケットの裏側にカイロを貼ればバッチリです。

この装備だと気温が2〜3度でもなかなか快適でオーバーパンツの出番もありませんでした。ただし、日が沈みだすと急激に寒くなります。。。


 高価なウインドストッパー、奮発したのに出番が少なくて残念。
 気になる洗濯は、ぬるま湯で手洗いしています。。。

他にも、薄さと暖かさに期待してRSタイチのウインドストッパーインナースーツ(NXU914)も購入しましたが、それ自体に保温性はあまりなく、寒風は革が想像以上に遮り、断熱と保温もダウンが担っている現状の装備ではどっち付かずのポジションとなってしまいました。
ウインドストッパーインナースーツの下にはアンダーウェアを着用するので着膨れする要因にもなってしまい。。。かといってダウンを無くすわけにもいかず。。。みたいな。

これはオイシイ季節(期間)が限定されそうです。

中綿や裏起毛仕立てのツーリング向け商品であればかなり重宝しそうなのですが。。。やはり運動量の多いサーキットラン向けなのかな。

でも、RSタイチの商品だけあってモノ自体はよく、スリムなのに体も動かしすいほうだと思います。防風効果があり湿気もこもらないので、ダウンの出番が少なくなる春や秋のミドルレイヤーとして活用する予定。。。



あと、安全装備としていつも装着しているクシタニのレーシングブレストパッドは、薄く丈夫で付け心地も非常に優れ、しかも胸回りの防寒アイテムにもなるので間違いなくオススメの一品です◎

手の込んだ作りも個人的には満足度が高く、ベルクロ脱着だからお手持ちのジャケットにも装着可能。

万一のためにも胸部プロテクターを装備しましょう。。。

2012年3月5日

メガリの冷却水漏れ その後

 メガリ250rのメカニカルシール

前回、メガリのウォーターポンプ下部にあるドレン穴から冷却水がポタポタ漏れる症状が発生し、私のメガリはしばらく入院しておりました。

いつもお世話になっている東大阪の販売店にてメカニカルシール(ゴム製)の交換作業が施され、無事に冷却水漏れがストップ。直径3センチくらいの小さなパーツに問題があったようですが、素人の私には見た感じだと問題箇所を判別できないレベルのものでした。ウォーターポンプの内部には錆も無かったようで、とりあえず一安心。。。


ここは定期的に点検しようと思います。。。



また、販売店にてラジエターリザーバータンク付近も改修されました。

リザーバータンクを連結するホースが以前のものに比べて柔らかいものに変更、ホースクランプも品質の高いものとなっています。さらにワイヤーで締め付けた上に液体ガスケットまで充填されました。高速道路走行時にキャップから冷却水が多少吹きこぼれるのはご愛嬌ですが、おかげさまでホースまわりは漏れ知らず。仕上がりも綺麗。

他にも、ステムナットの再調整やリアブレーキの鳴き(トラックのブレーキ鳴きのような音)対策などを施していただきました。ブレーキング初期段階の僅かな振動とリアブレーキの鳴きも如実に無くなり、初期の頃とは比ぶべくもないスムーズな乗り味に変化。

ECUも最新バージョンに変更可能とのご案内がありましたが、現状で比較的調子のいい車両には逆に不安要素となる可能性も捨てきれないので、エンストの少ない私の車両はもう暫く旧バージョンのまま様子見となります(さらに改善を進めているECUも開発中の様子)。

あと、シガーソケット&USB電源の取り付けも依頼しました。
アクセサリー電源から配線してもらったので、バッテリー上がりの心配もありません。商品は持ち込みしたものでしたが、取り付け料金も安くて手間いらず。


メガリ250rというバイクは、その魅力的なフォルムや楽しさと相反するように、現状では多少の問題点を抱えていますが、いつも嫌な顔一つせずに対応してくれる販売店の店長さんや整備士さんのおかげで安心して乗ることができております。
黙々と作業している姿をじかに見ると、せめてエンスト問題が解決しますようにと願うばかり。縁の下の力持ちである販売店さんには本当に感謝です。。。

今時のバイクという観点から察するに、エンドユーザー側の立場からすれば不満は至極当然ではありますが、けして誰かに悪気があるわけでもなくて、これは本当に仕方が無いのだろうと思います。ここは大陸のように広い心で、乗りながらアップデートするのがメガリのセオリーかも。

保証があるうちにできるだけ乗って、問題点を洗い流そうと思います(笑)

個人的には早い段階でメガリ250rを発売してほしかったし、それに応えるように発売へ踏み切ったぶん色々とトラブルもありますが、それも思い出として考えれば、今のタイミングで乗ることが一番面白いのかもしれません。

こんなのは初めてですが、故障しても微笑ましいと思えるバイクです。。。


追 記

半年ほどしてからまたクーラント液が漏れてきました。
そして、とある方法で対処(実験)しています。
記事はこちら




2012年3月1日

メガリの冷却水漏れ

先週のこと。

納車時に販売店の店長さんがオートバイは「必ず日常点検をしてください」と呪文を唱えるように言っていた言葉を思い出してメガリを点検してみたら

白い水滴痕を発見 (・_・;)!?

雨の日は乗らないし、洗車時の拭き取りも完璧のはず。

恐る恐る覗いてみると冷却水(クーラント)が漏れていました。

私のメガリは納車前からラジエターの両脇にあるラジエターリザーバータンクから冷却水漏れの症状があり、販売店側では年末の納車整備のときに色々と対策が施されてから納車されていたのですが、根本的な問題の可能性もあってか、再び症状が再発したようです。

 ラジエター両脇に見える緑色の液体がクーラントタンク。

また、エンジン右側にあるウォーターポンプ下部のドレン穴からも冷却水が漏れだすトラブルが発生。エンスト以外の症状では、初めての故障となります。

漏れだしたのはまだ最近のようですが、大事になる前にショップへ持ち込み現在入院中。。。


症状1:ラジエターリザーバータンクまわり
左右のリザーバータンクを連結しているホースがあるのですが、車体右側のタンク下部にあるホースの付け根部分に少し滲みがありました(キャップ側から吹き出た冷却水が流れてきた可能性があります)。

おそらくそこから飛散したであろう冷却水がカウルの内側からウォーターポンプ周辺にかけて白い水滴痕を残していました。




赤丸部分に滲みとバンドに錆。
現在修理をお願いしています。

写真のように最新の車両にはキャップからの冷却水吹き出し対策として、このようなホースが取り付けられているようです。。。



症状2:ウォーターポンプまわり
次に、エンジンの右側、ウォーターポンプ下部にある小さなドレン穴から冷却水が漏れ出ている症状。

ミドルカウルとアンダーカウルの隙間から漏れを確認できます


 負荷をかけずに走行したもののギリギリセーフ。。。


  今回も販売店の整備士さんにご協力をいただきました。
  お忙しいところありがとうございました。


冷却水はクーラントタンクから飛散した可能性も否定できず、念のため水滴痕を拭き取り、クーラントタンクから付着しないようにマスキング処理をしたあと再度走行してみましたが、やはりドレン穴からこぼれ落ちていました。

ウォーターポンプについては、メカニカルシールの交換だけで事足りればよいのですが、インペラやシャフト、オイルシール諸々の可能性もありますので気づいたら早めの対処を。

※後日、販売店から連絡があり、内部に錆も無くメカニカルシールの交換で対処ができたようです。



冷却水の補充について

明らかに冷却水が漏れすぎで危険だと判断した場合はロードサービス(入会済)を利用するのもありですが、今回はまだ自走できる範囲だと判断し、冷却水を必要な分だけ補充して持ち込みました。


 メガリストの心に響くクールな商品名。。。


クーラントは赤と緑の液色がありますが、もちろん緑を使用。

近所のホームセンターで購入した(これしか置いてませんでした&水道水で希釈せずにそのまま使えるタイプ)クーラント液をタンクに入れやすく、そして念のために持ち運びもできるように小さな空きペットボトルを用意して中身を詰め替えします。

※クーラント入りのペットボトルは子供などが誤飲しないよう取扱いは要注意!保管場所にも留意し、マジックで注意書きも入れましょう。


詰め替えると、メガリ水が完成。

車体右側にあるクーラントタンクの液面が規定値よりも下回っていたら、クーラントタンクのキャップを左に回して開け、そこから必要な量だけメガリ水をゆっくりと補充。(入れすぎると走行中にキャップから吹きこぼれます)

※火傷の危険あり!!
 エンジンを停止し、完全に冷えていることを確認!


とりあえず、冷却水が漏れている場合は早めにショップで点検を受けましょう。


※私はメンテナンス等に関してはど素人ですので、記事内容の正確性等の責任は一切持てません。安全に楽しくメガリに乗るために、必ずバイク店にて確認&作業を行ってください。