2011年5月25日

たまにクリームソーダ

昨日まで仕事の関係でカンズメでした('_'*)
明日くらいまで頑張れば少しゆっくりとできそうな感じです。



仕事の後にはいきつけのクラシックな喫茶店で遅い昼食。疲れが抜けないので野菜サンドとクリームソーダを注文してみることにしました。甘くて酸味のあるものが美味しいし、完璧ではない手作り感のあるところが価値を引き立てるように感じます。。。

新しくてきれいなカフェも好きですが、こういうローカルな喫茶店では知らない人と出会うこともあり初対面の人とも会話を楽しむことができるので、なかなかに面白いのであります。

私はデジタルがないと仕事もできない人間ではありますが、だからこそバーチャルにはない本当の相手の表情や声色を生で感じられる、リアルな会話を楽しむことがこの世の中には半分くらい必要ではないのかな~と常々感じます。

。。。これはいつも言っておりますが(ё_ё)

効率的でなく、一見無駄と思われる行為が人の心には必要なパーツではないかと。

たとえば、お金や目的のためだけに効率というものを求めてばかりいると人間にとって実は必要な「事」や「物」も必要以上にカットされてしまって高効率の結果活力を収縮をしていく人間社会の末路が少し哀れに感じたりします。膨張と収縮のバランスを保つことが大事だと思うのです。価値のあるものとは基本的に他人がほしがるものだと思うのですが、あまりに効率的な目線で生産された事や物がたくさん増えすぎると、それらが余りすぎてしまい物質的にも精神的にも消化不良になって価値そのものが消滅しかねません。。。片寄りすぎないように、なにをするにもほどほどがちょうどよいのではないでしょうか。

そういう意味では高くも安くもならなくて、マスターの人柄も変わらない。色んな意味で中立性を保つこのような喫茶店がじつに興味深いと思います。

そんなことをクリームソーダを飲みながら考えてみました。

2011年5月10日

碧翠御苑で休みを満喫

Socio Arte Kobe 2011東日本大震災復興支援チャリティー写真展も終了しました。
☆☆ご来場をいただきましたお客様に心よりお礼を申し上げます☆☆

GWもポツリポツリと仕事をしていたので連休を少しさけるかたちで休息旅行にでかけてきました。とはいってもあちこちにでかけると時間もお金もなくなるので今回は宿に楽しみを絞って人生のいとまを過ごすことに。普段からとくに趣味もなく遊びもしない地味&質素な生活ですので少しばかりの背伸びをしてみます。。。

選んだ宿は京丹後の久美浜温泉にある碧翠御苑です。私の両親と女将さんが仲よしなのもあってこちらに宿泊をさせていただきました。客室は落ち着いた趣があり優雅。私が借りた部屋は広いのですが、のびのびと1人で休むにはちょうどいい空間であります。


窓の向こうには芝生の大きな庭と静かな内海の久美浜湾がめちゃ綺麗


同じ景色でも朝の光が差し込むときの美しさが◎この気持ちや瞬間を忘れないように記録


部屋から広いお庭に出て湾の岸辺を散歩したり、露天風呂に入ったり。
そして何もしないで部屋の佇まいに心を預けるのが正しい宿の楽しみ方だと思います。


昼間は縁側で景色を楽しみ、夜は本を読みながらだらしなくゴロゴロと。

そして女将さんや仲居さんも立派な宿に相応しい自然で穏やかな笑顔が印象的でした。お客さんはお店に付くのではなく人に付く。誰かが言ってた言葉だけどまさにそう感じさせるような心に優しい良宿でした。

もちろん日本海の幸がいっぱいの料理も大いに◎であります。