2010年12月29日

Yips and salvageから今年最後の一枚



悩みこそが美しい(と思う)作品「Yips and salvage」から今年最後の一枚。

物理的な時間の都合上、年内には終わりそうにない仕事もあったりしますが
なにはともあれ本日で仕事納め。

今年も仕事中心の一年でプライベートはほぼ皆無でしたが、色々な人達と出会いながら何かと学び実際の体験も踏まえながらそれらを精査することに終始した年だと感じます。なにげないそういった事象は作品に対する思考にも大きく影響しますし。。。

いつものごとく。

まず、私自身は作品というもともと存在しないものを身の回りの出来事やヒラメキから「楽しそう」という思いを抱き、ないものを想像しながら作りだしたり、旅先などで目の前に起こった真実を記録してみたりと、はっきり言えばほぼ「無心」の状態でシャッターを切ってきたのです。とても普通です。。。

そして、実力以上に大きな賞もたくさん頂きましたが、賞として過去も現在も高く評価されている作品はやはり限りなく「無心」で撮ったものが大半をしめています。つまりその当時は「コンセプト→制作」という順番ではなくて「制作→コンセプト」の順番が相当だったものが高い評価を頂いたということになります。厳密にいえば、私の場合には制作後しばらく時間をおいてから、自分が撮影した写真の意味を後で知るというのがほとんどでした。まれに制作途中に明確なコンセプトを発見したときは知ることと引き換えに完成度が高くなりその後の写真には「夢」がなくなっていたと思う。

程無くしてコンセプチャルな作品が求められる時代が到来し、「これは何か」「あれは何だ」という人が増え始め、作品にことこまかく説明を求めることが当然になり言語による情報で作者の主観や物語を伝えることが多くなったと思う。それはとても作家的な表現で、感性や経験など人それぞれに差異がある以上、理解しがたい写真に苦しむたくさんの人に同じような目線から作品を伝えられるという意味では良いことだと思うんですが。。。実際に私もコンセプチャルな作品も作る以上否定はしませんし。


物語に感動するか、絵に感動するか、割合で両方か。。。みたいな


まぁ、どれを選んでも論理感情が鬩ぎあう配分が変わるぐらいだし「時間」という
タイミング的な要素もありますのでややこしい無限ループに陥ります。
それでもなお、私は「言葉で説得するよりも写真で納得するほうが好きです」。そういう意味もありつつ、作品「Yips and salvage」は悩みを主張している作品ではないかと最近は思います。

コンピュータでは理解し難いような人間につきものの「悩みが魅力」ではないかと。

とりあえず・・・難しい話はこのへんで終了ε=ε=(o*゚ー゚)o

お客様、受講生の皆様、お得意先の皆様、ギャラリストの皆様、やさしいお友達の皆様今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年を◎
☆Thanks☆(〃・ω・〃)v☆Thanks☆

2010年12月25日

謎の荷物が届く

今朝、風呂敷で包まれた宅急便が届きました。

 

送り主を見てみると家電通販のECカレント。。。

そういえば、今年はECカレントさんでちょこちょこと買い物をしていたのですが、そこで何かのキャンペーン(自動登録みたいです)で一等賞に当選した様子。風呂敷を解いて見てみると、明らかに極上の霜降り黒毛和牛が。。。

(;゚ Д゚)!!(;゚ Д゚)!!(;゚ Д゚)!!(;゚ Д゚)!!(;゚ Д゚)!!(;゚ Д゚)!!

何やら奥州屋さんとかいうところのお肉だそうです。


あまりない機会ですし、むしろ家族が喜んでいますので(・ω・;)

今夜にでもいただきます。カレントサンタさんアリガトウ。 

2010年12月22日

主治医のお医者さんが遊びにきてくれました

昨日。

リハビリテーションのきっかけとなる大ケガをした時に私の脚を手術していただいた主治医の先生が会いにきてくれました。突然の再会であります(゚0゚)!!
先生には脚の経過などもご心配をいただいて、負担をかけない筋力アップのアドバイスもおしえていただきました。

せっかくでしたので、お礼もかねて先生と部下の方とも一緒にティータイム。。。先生は高級カメラなどをたくさん所有されているマニアの方なので、その筋にも詳しく次第にカメラトークで盛り上がりました(笑)そのときに、ふと最近は時計を主題にした作品を制作しはじめたのですとお話しをしたところ、これまた先生は時計にも精通しておりバシュロン・コンスタンタンからはじまって、ブレゲやフランクミュラーなどのペーパチュアルカレンダーという複雑機構の内容にまで会話が発展(とにかく時計ヲタな会話)。

仕事そっちのけでとても面白い話(勉強)を聞かせていただきました。
ありがとうございます('-'*)

個人的には美しくも哀しい物語のある。愛すべきメゾンの「ゼニス」や「ランゲ・アンド・ゾーネ」についてもまた先生たちと話をしてみたいし。「フィリップ・デュフォー」のような精神を持つ写真作家になりたいと思ってみたり。

まぁ、そんな感じで。。。

「記録」を時の連続として証明する写真と「時間」を視覚で伝える時計との関係。それらに思考を働かせる「人間」。何やら、いろいろと繋がりがありそうで、

ぐるりぐるりと考えをめぐらせています。。。

2010年12月15日

師走な感じです。。。

仕事のレポートやカリキュラムの書類作成とスタジオ撮影に追われています。

2010年12月11日

作品Yips and salvageも進行中!

昨日は休みだったので久しぶりに美容院で散髪。少しショート気味にイメチェンなり。

そして少し前、撮影指導のインストラクターをしていたときに撮った写真をUPします。これはコツコツと制作中の作品「Yips and salvage」からの一枚。



リハビリが終わってから、感覚が普通に戻ってしまいまして(美的感覚や審美感も含む)それはとても自然でしんどくなくていいんだけど。作品を作る側としてはスランプを通り越すくらいに魅力的な作品が撮れなくなっているのです。超無感動です(笑)

仕方がないので、怒りとか悲しみから湧き出るマイナスのエネルギーとは違うものを動力源として撮っています。私がそこにいたときの光とか空などの風景を隙間から覗き見るように撮っています。まぁ、ある意味で地味な自分らしい写真かもしれませんね。

さらにもうひとつ地味な作品もスタートしました。

それは時計の物語となる予定です。個人的には、時計オタクなのでこちらは撮っていて楽しいです。。。

2010年12月7日

紅葉しています

らくらく写真教室の写真展も無事に終了し、ゆったりとしたペースで仕事をしています。

まだやるべきことはたくさんあるのですが、過労で2ヶ月ほど体調不良も続いているので少しペースダウン。。。



話は変わりますが、12月に入ってからようやく庭の紅葉が見頃になってきました。
今年は和歌山全体でも紅葉がきれいなようで、ここ何年か、まばらの紅葉だったウチの庭も美しい紅色に染まっています。