2010年5月29日

REHABILITATIONの手作り写真集

和歌山は涼しい日が続いていますが、そろそろ暖かくなりそうな予感です。

このところ、時間を削ってコツコツとREHABILITATIONのお手製の写真集とか作っています。すでに知ってる人も多いかもしれませんが。。。あらためて編集をしてみると作品に対する受け取り方が以前に比べて随分と変化をしているように思えてなりません。
 この作品はとくに思い出が中心ですから、見返すとその時の心情の変化が感じとれます。挫折した人間が立ち上がる過程でみてきたこの世界を一歩づつ歩いて撮る。悔しさ、敗北感、絶望などの出来事をエネルギーに変換して一心不乱に撮る。

これが結果として醜くも美しいイメージで表現されているのかもしれません。

 お手製なので世界に一冊

少なくとも、本作品を制作完了するまでは「心ここにあらず」でしたので作者よりも見る側に立つ人たちがこの作品の本質を理解していたものと思います。私個人の場合ですが、制作が終わり「しばらくの時間」がたってからこそ、作品の本質が理解できるとそう思いました。制作中や制作後すぐではなくて、長い時間とともに理解を深める部分のほうが案外と多いものです。なんとなく人間と同じですね。

基本的にこの作品は私の中では完了しているものではありますが、作者の心とは裏腹にまだ期待される雰囲気もあるので、何か成さねばならないような気持ちだったり。。。試しに写真集を写真に関わる人たちに見せてみたら「人を引きつける...」と口を揃えるように同じ言葉が耳に届きます。

とはいえ出版の予定もなにもありません。

ただ、私の生徒さんには写真集のよさを伝えたいのでプレゼンをしてみようと思います。

2010年5月22日

おはようございます

昨日は休みだったので静養を兼ねて近場の温泉にお出掛けしました。
しかしながら。ほどなく熱中症にかかりまして。これは本当に想定外で/(・_・;)
精神的には↑肉体的には↓の結果となり、なんだかよくわかりません。とにかく、疲れ過ぎている時の温泉は注意が必要のようです。

 山の新緑はきれいなので◎

帰宅してからもあまりにしんどいので早めにバファリンを服用してから寝床につきました。今朝もかなりフラフラですが、今日、明日も大事な撮影が入っているので頑張ります。

作品も合間を利用してきちんと制作中。世界のどこかで誰かが私の作品をご覧になって癒しや感動を感じていただけますように。

とにかく無心でつくります。

2010年5月10日

TANTOTEMPOの設立2周年パーティー

土曜日の夕方、写真ギャラリー「TANTOTEMPO」が設立2周年のパーティーを開催するとのことで、仕事を途中で切り上げて神戸へと走る。会場への到着が少し遅れてオープニングの挨拶は聞けなかったけど、挨拶の直後にさりげなく店内に入った。ギャラリー内は既にお客さんで大賑わいの状態にもかかわらず、どしどしと来客が。。。
すごいね(・ω・;)


ボサノヴァのライブも開催。

カフェスペースでは、もはや恒例のディレクター&カルロスさんのライブも行われ、ゆったりとしたテンポに乗りながらパーティーを楽しませていただきました。本格イタリアンやオーナーの手料理もあり(味はプロ並の腕前だと思う)とてもアットホームな空間も手伝って会場での会話も弾みました。3年目に入ったTANTOTEMPOがますます楽しみです。

 

店内には私の写真作品も展示されておりますので、お近くの方は是非ご覧くださいませ。 

2010年5月7日

日常的なこと

大型連休は撮影がちょこちょこと入っていたので仕事をしていましたが、それなりに楽しく過ごしました。お客様にも大変喜んでいただけているので写真家として嬉しいものです。
また、四月の下旬からは写真ギャラリーTANTOTEMPOの 「TANTOTEMPO COLLECTION」に作品が展示されておりました。

お客様とギャラリーの皆様に心より感謝を申し上げます。

来週はインストラクター関係の仕事が忙しいので頑張ります。

 昨晩iPhoneでバラを撮影。

写真は心も癒してくれます。