2009年6月27日

イギリス人に英文の翻訳を依頼

梅雨入りしてしばらくたつのですが和歌山も雨が降りません。撮影会では晴れのほうが助かるのだけど川の水量とかずいぶんと少ないです。私の住まいは毎年この季節になるとカエルちゃんの鳴き声が響き渡るのですが、今年はそれとなく静か。そしてPCは熱に弱いからいつもエアコンのスイッチON !_(-ω-;)
そうこうしながら、そろそろ英語のサイトを作ろうかと計画中(勢いでトップページだけ作りました)だだ、残念なことに私は英語が全くダメなので人に頼ることに。しかし運良く、お客さまに英語ができる方がいらっしゃったので、先日お願いにあがりましたところ、快くご承諾をいただきました。ボチボチと文面を綴ってから翻訳をお願いしてみます。ちなみに、そのお客様は地元で「ユーカリット」というガーデンカフェをされています。旦那様がイギリス人(*>ω<)oの方なのもあってバッチリかと☆

2009年6月21日

らくらく写真教室のホームページ


4年ほど前から私が講師をしている「らくらく写真教室」というお教室があるのですが、なんだかんだと忙しくて手つかずだったホームページがようやく開設の運びとなりました。パチパチ(>_<)/
こちらでは写真をご趣味にされております約30名もの生徒さんがおりまして、それぞれに個性を発揮しながら写真を学んでいます。もちろん私が講師をさせていただいておりますが、毎回のことながら本当に楽しく授業をさせていただいているのです。私より年上の方ばかりだけど、とっても元気でしょっちゅうこちらが負けそうになるくらいのパワーを感じます(笑)

生徒さんの作品もそちらのサイトで少しづつアップの予定ですで、どうぞよろしく。
「らくらく写真教室」のホームページはこちら。

2009年6月10日

REHABILITATIONの新作!


作品「REHABILITATION」のタイトル写真を変更しました。

昨日、私が講師をしている写真教室の撮影会で撮った一枚です。カメラはシグマDP1。ここ一年ほど愛機となっているコンパクトデジカメです。28mm(35mm換算)単焦点レンズのカメラだけど特に不自由を感じないのが面白い。考えてみれば本当にいい写真が撮れるときはいつも単焦点レンズだった(-ω-;)

ゆっくりと。。。DP2(新型)が欲しくなってきましたよ。シグマさん。。。話がそれましたが、撮影会がインフルエンザの関係で延期になっていたことが影響し、本来のロケ地である蜻蛉池公園(大阪)では目的のバラが散っており、急遽向った花の文化園ではちょうど見頃でなんとかセーフ。行き当たりばったりが多いのでバスの運転手さんには申し訳ないけど助かりました。生徒さんにも喜んでもらえたかな。

ちなみに作品「REHABILITATION」も終盤に近づきつつあるような気がするのだけど。。。どうなることやら。あと、こちらの作品は秋頃に個展の予定があります。詳細は決まり次第に..d(・ω・) 

2009年6月2日

久しぶりの友人と再会

先日、このところご無沙汰の大阪で大学時代からの友人と再会した。友人は会社員として働きながら現在はカウンセラーになるための勉強をしており、資格も持っている。今とても輝いている。そんな人だ。うめだ阪急の英國屋でお茶を楽しみながら近況について適当に語り合う。お互いに何かを隠す間柄でもないので本題を引き出した。つまり、カウンセリングさね( ' _ ' )
作家として制作をはじめておよそ10年目の私は、このところ、少し目標を見失いがちである。今後も大きな目標はあるけれど、10年間走り続けてきた運動会が終わった後のようで、とても落ち着いている。一つの達成感を得た気分だろうか。芸術家や写真家として仕事を続け、それに全てを捧げてきた私生活の無い10年。私が約束した人達への気持ちを貫き通すためには必要だったから。

そんなことを話しながらカウンセリングを受けた。すでに時計の針が何周も回ってその都度、ふりだしに戻されている。これからの人生を諭すように感じるのがまた。。。苦笑(' ':)
自分ではなかなか気づかないところ、友人は私にこう言った。この10年、君には沢山の仲間が増えたこと。
自分自身に嘘をついていたこと。図星。
人生、後悔してから感じることばかりだが何もなかったわけもなく、信頼出来る仲間が増えた。中途半端な優しさで好意がないのに相手に嘘をつき続けた自分がいた。それを受け止めるのにかかった時間だったようだ。本当に情けない。
心を開かない私に辛抱強く見放さないでいてくれた人達が財産として残ったのだと思うから。

大切にしたい。